大西卓哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大西 卓哉
宇宙飛行士
国籍 日本
誕生 1975年12月22日(40歳)[要出典]
東京都
他の職業 旅客機パイロット
階級 副操縦士
選抜試験 2009 JAXA Group
ミッション ソユーズMS-01
第48次/49次ISS長期滞在
記章 Soyuz-MS-01-Mission-Patch.png

大西 卓哉(おおにし たくや、1975年(昭和50年) - )は、東京都出身(その後、兵庫、大阪、岡山、東京、横浜で生育)のJAXA宇宙飛行士。前職は旅客機パイロット(全日本空輸ボーイング767型機副操縦士)。

来歴[編集]

JAXA以前[編集]

聖光学院高等学校を経て1998年(平成10年)3月、東京大学工学部航空宇宙工学科を卒業後、全日本空輸に入社。全日空ではボーイング767型機の副操縦士として、国内線、国際線両方で運航に従事した。

宇宙飛行士として[編集]

2009年(平成21年)2月、宇宙航空研究開発機構(JAXA)第31期宇宙飛行士訓練生に選抜された[1]。日本の宇宙飛行士はこれまで科学者技術者で占められていたが、油井亀美也とともに両者外(現職パイロット)からの宇宙飛行士訓練生入りを果たした。

2011年7月、基礎訓練が終了しJAXA宇宙飛行士として認定された[2]。同年10月、フロリダ州海底でのNASA極限環境ミッション運用訓練(NEEMO15)に参加[3]。2013年11月、国際宇宙ステーション (ISS) 第48/49次長期滞在員に任命された[4]

2016年7月7日10時36分 (JST)、大西とロシアのアナトリー・イヴァニシン、アメリカのキャスリーン・ルビンズの3名を乗せたソユーズMS-01宇宙船はカザフスタン共和国バイコヌール宇宙基地からソユーズロケットで打ち上げられ、所定の軌道に到達した[5]。9日13時12分 (JST) にISSにドッキングの予定[5]。約4か月滞在した後10月末頃に帰還する予定となっている[6]

脚注[編集]

  1. ^ “国際宇宙ステーション搭乗宇宙飛行士候補者の決定について” (プレスリリース), JAXA, (2009年2月25日), http://www.jaxa.jp/press/2009/02/20090225_select_j.html 2016年6月26日閲覧。 
  2. ^ “国際宇宙ステーション搭乗宇宙飛行士の認定について” (プレスリリース), JAXA, (2011年7月26日), http://www.jaxa.jp/press/2011/07/20110726_astronauts_j.html 2016年6月26日閲覧。 
  3. ^ “大西宇宙飛行士のNASA極限環境ミッション運用(NEEMO)訓練への参加について” (プレスリリース), JAXA, (2011年10月27日), http://iss.jaxa.jp/astro/onishi/nasaneemo15.html 2016年6月26日閲覧。 
  4. ^ “大西卓哉宇宙飛行士の国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在の決定について” (プレスリリース), JAXA, (2013年11月29日), http://www.jaxa.jp/press/2013/11/20131129_onishi_j.html 2016年6月26日閲覧。 
  5. ^ a b “国際宇宙ステーション第48/49次長期滞在クルー 大西卓哉宇宙飛行士搭乗のソユーズ宇宙船(47S/MS-01)の打上げについて” (プレスリリース), JAXA, (2016年7月7日), http://www.jaxa.jp/press/2016/07/20160707_47s_j.html 2016年7月7日閲覧。 
  6. ^ “国際宇宙ステーション第48/49次長期滞在クルー大西卓哉宇宙飛行士搭乗のソユーズ宇宙船(47S/MS-01)の打上げ日時の決定について” (プレスリリース), JAXA, (2016年6月24日), http://www.jaxa.jp/press/2016/06/20160624_47s_j.html 2016年6月26日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]