人工惑星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界初の人工惑星である月探査機ルナ1号の複製
日本初の人工惑星であるハレー彗星探査機さきがけ

人工惑星(じんこうわくせい)とは、人工天体人工衛星の一種。人工衛星が惑星周回軌道を廻る衛星軌道にあるのに対して、太陽恒星を周回する公転軌道上にあるものを指す。太陽系空間の観測調査を目的とする宇宙探査機や、太陽などを観測する宇宙機に、この軌道を利用するものがある。その他に、フライバイ観測を終了した(あるいは周回軌道投入に失敗した)惑星探査機がそのまま人工惑星となる例も多い。

人工惑星になるための要件[編集]

地球上から人工惑星を打ち上げるためには、地球重力に抗するために、人工衛星打ち上げ時よりも高い速度が必要となる。人工衛星においては第一宇宙速度(7.9km/秒)であるが、人工惑星は第二宇宙速度(11.2km/秒)が必要である。

人工惑星の打ち上げ[編集]

関連項目[編集]