チャールズ・デューク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャールズ・モス・デューク
Charles Moss Duke, Jr
Official NASA portrait Charles Moss Duke Jr.jpg
NASA所属宇宙飛行士
現況 引退
生誕 1935年10月3日(81歳)
ノースカロライナ州シャーロット
他の職業 テストパイロット
階級 准将
宇宙滞在期間 11日1時間51分
選抜試験 1966年NASA選抜試験
ミッション アポロ16号
記章 Apollo-16-LOGO.png

チャールズ・デューク(Charles Moss Duke, Jr.、1935年10月3日 - )は、アメリカ空軍准将アメリカ航空宇宙局宇宙飛行士である。これまで月面を歩いた12人のうちで最も若い。

教育[編集]

デュークは、ノースカロライナ州シャーロットで生まれ、サウスカロライナ州ランカスターのランカスター高校に通った。1953年にはフロリダ州セントピーターズバーグのAdmiral Farragut Academyを卒業生総代として卒業した。イーグルスカウトにも参加していた。1957年に海軍兵学校で海軍科学の学士号を取り、1964年にマサチューセッツ工科大学航空工学の修士号を取得した。

経験[編集]

2008年10月2日、ドイツでの講演

デュークは1957年に海軍兵学校を卒業するとアメリカ空軍に入隊し、ジョージア州のスペンス空軍基地で訓練を受けた。その後、ウェブ空軍基地でも訓練を受け、1958年に修了した。その後、ムーディ空軍基地でF-86のさらに高度な訓練を受け、優秀な成績で修了した。この訓練の後、デュークはドイツのラムスタイン空軍基地で要撃機のパイロットとして3年間働いた。

彼は3632時間のジェット機を含む、4147時間の飛行を経験した。

NASA[編集]

1972年4月の月面での船外活動

アメリカ空軍テストパイロット学校を1965年9月に卒業した後、デュークはF-101F-104T-33の指導教官として留まった。1966年4月、彼はNASAの5度目の宇宙飛行士候補19人の中に選ばれた。

1969年、デュークはアポロ10号の支援乗員に選らばれた。初めて月を訪れたアポロ11号では交信担当官を務め、彼の目立つ南部アメリカ英語が世界中に放送された。

アポロ13号では、デュークは月着陸船パイロットの交代要員を務める予定だったが、ミッションの直前に友人の子供から風疹を移されてしまい、不注意で乗組員にも移してしまった。ケン・マッティングリーだけが免疫を持っていなかったため、ジャック・スワイガートが代わりを務めた。マッティングリーは後に、デュークの初飛行となるアポロ16号で司令船操縦士を務めた。

デュークは、1972年にアポロ16号の月着陸船パイロットとなった。この飛行で、彼とジョン・ヤングは3回の船外活動を行い、デュークは月面を歩いた10人目の人物となった。デュークは、アポロ17号でも月着陸船の予備乗員を務めた。

彼は265日間宇宙に滞在し、合計で21時間28分の船外活動を行った。

私生活[編集]

2009年2月

デュークは既婚で、2人の子供と9人の孫がいる。妻とともにテキサス州ニューブローンフェルズに住んでいる。趣味は狩り、釣り、読書、ゴルフである。デュークはアポロ16号の飛行の後にキリスト教徒になり、刑務所内の教会で活発に活動している。

作品[編集]

1998年のテレビ映画『フロム・ジ・アース/人類、月に立つ』では、J・ダウニングが演じている。

また、2007年の映画『ザ・ムーン』に描かれた宇宙飛行士の1人でもあり、最後の場面で、アポロ計画陰謀論に対して、「俺達は9回も月に行っているんだ。もし嘘なら、なんで同じ嘘を9回もつく必要がある?」と語っている。

受賞など[編集]

1973年にサウスカロライナ大学から哲学の名誉博士号、1990年にフランシス・マリオン大学から人文科学の名誉博士号を授与されている。その他にも多くの賞を受賞している。

外部リンク[編集]