ルナ22号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルナ22号
Luna-22.jpg
ルナ22号
所属 ソビエト連邦
国際標識番号 1974-037A
カタログ番号 07315
状態 運用終了
目的 探査(周回)
観測対象
打上げ機 プロトンロケット
打上げ日時 1974年5月29日
軌道投入日 1974年6月2日 月軌道
運用終了日 1975年11月
質量 4000kg

ルナ22号ロシア語: Луна-22)とは、1974年にソビエト連邦が打ち上げた月探査機である。月を周回する軌道に投入されて観測を行った。

概要[編集]

ルナ22号は月の周回軌道上から観測を行うために設計された月探査機である。観測の内容は多岐にわたり、カメラによる撮影、磁場の観測、月面のガンマ線放射の観測、月面の岩石の組成の調査、重力場の調査、流星塵宇宙線の観測が行われた[1]

ルナ22号は1974年5月29日にバイコヌール宇宙基地からプロトンロケットを用いて打ち上げられた。探査機は宇宙待機軌道から月へ向かい、6月2日に月を周回する軌道に入った。月軌道上では複数回にわたり軌道を変更しながら観測を続けた。最大で25kmまで月面に近づいたこともあった[1]

1975年9月2日に軌道変更用の燃料が底をつき、同年11月はじめに運用を終了した[1]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Luna 22”. NASA NSSDC. 2012年10月7日閲覧。