STEREO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
STEREO spacecraft.gif

STEREO (Solar TErrestrial RElations Observatory) は、NASA太陽調査プロジェクトである。2機の観測機で異なった角度から太陽を観測することで立体的にとらえることが特徴であり、プロジェクト名のアクロニムはオーディオの立体音響や立体写真などの「ステレオ」に掛けている。

2機の観測機はいずれも太陽を中心とした軌道をとる人工惑星であり、地球軌道に近い軌道に投入されている。詳細には、STEREO-A (Ahead) は地球軌道よりもわずかに太陽に近く公転周期が地球よりわずかに短いため地球より先行する側に進み、STEREO-B (Behind) は地球軌道よりもわずかに太陽から遠く公転周期が地球よりわずかに長いため地球より遅れる側に進んでいる(ように、地球からは見える)。以上のような2機により異なった角度から、太陽からのコロナガスの噴出 (CME) などを、立体的にとらえる。 [1]

概略[編集]

装備器具[編集]

  • Sun Earth Connection Coronal and Heliospheric Investigation (SECCHI) - [6]
  • In-situ Measurements of Particles and CME Transients (IMPACT) - [6]
  • PLAsma and SupraThermal Ion Composition (PLASTIC) - [6]
  • STEREO/WAVES (SWAVES) - [6]

関連項目[編集]

  • SOHO太陽観測機(1995年12月2日打上・運用中)
  • ユリシーズ観測ミッション(1990年)

参照[編集]

  1. ^ STEREO Mission News”. NASA (2006年7月18日). 2006年7月19日閲覧。
  2. ^ STEREO Mission Status” (2005年11月). 2006年5月30日閲覧。
  3. ^ STEREO Mission Status” (2006年5月). 2006年5月30日閲覧。
  4. ^ “Loss of Contact with STEREO Behind”. NASA. (2015年6月4日). http://stereo-ssc.nascom.nasa.gov/behind_status.shtml 2015年8月10日閲覧。 
  5. ^ “通信途絶した太陽観察衛星「STEREO-B」、2年ぶりに地上と通信が回復!”. NASA. (2016年8月24日). http://sorae.jp/030201/2016_08_24_tai.html 2016年8月24日閲覧。 
  6. ^ a b c d STEREO Spacecraft & Instruments”. NASA Missions (2006年3月8日). 2006年5月30日閲覧。

外部リンク[編集]