インターコスモス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

インターコスモス (ロシア語: ИнтерКосмосインテルカスマース英語: InterCosmos)は、ワルシャワ条約機構の同盟国と協力して行われたソビエト連邦の宇宙探査計画である。ジャン=ルー・クレティエンサリュートを訪れる等、フランスインド等のソ連に賛同的な国も利用できた。

最も有名なインターコスモスのミッションは、1978年から1988年にソ連人以外の14人がソユーズで飛行したことである。無人の人工衛星の打上げもこのプログラムの一環として行われた。

有人ミッションの殆どはサリュート6号及びサリュート7号で行われたが、ミールにて3回行われて終了している。インターコスモス計画終了後は、国際共同飛行へと移行した。

有人ミッション[編集]

日付 乗組員 バックアップ ミッション
1978年2月3日
VladimirRemek.jpg
ウラジミル・レメック
オールドリッチ・ペルチャーク
チェコスロバキアの旗

チェコスロバキア

ソユーズ28号
Soyuz28-patch.png
1978年6月27日
Miroslaw H.jpg
ミロスワフ・ヘルマシェフスキ
ゼノン・ヤンコフスキ
ポーランドの旗

ポーランド

ソユーズ30号
Soyuz-30 patch.png
1978年8月26日
Sigmund Jahn cropped.jpg
ジークムント・イェーン
エベルハルト・ケルナー
東ドイツの旗

東ドイツ

ソユーズ31号
Soyuz 31 mission patch.png
1979年4月10日
Georgi Ivanov detail.png
ギオルギー・イワノフ
アレクサンドル・アレクサンドロフ
ブルガリアの旗

ブルガリア

ソユーズ33号
Soyuz-33 patch.png
1980年5月26日
Bertalan Farkas (Author - Rudolf Csiba).jpg
ファルカシュ・ベルタラン
マジャーリ・ベーラ
ハンガリーの旗

ハンガリー

ソユーズ36号
Soyuz36 patch.png
1980年7月23日
TUÂN PHAM.JPG
ファム・トゥアン
ブイ・リエム
ベトナムの旗

ベトナム

ソユーズ37号
Soyuz37 patch.png
1980年9月18日
アルナルド・タマヨ・メンデス
ホセ・ロペス・ファルコン
キューバの旗

キューバ

ソユーズ38号
Soyuz38 patch.png
1981年3月23日
Jügderdemidiin Gürragchaa.jpeg
ジェクテルデミット・グラグチャ
マイダルジャヴィン・ガンゾリグ
モンゴル人民共和国の旗

モンゴル

ソユーズ39号
Soyuz39 patch.png
1981年5月14日
Stamp of Moldova md389.jpg
ドゥミトール・プルナリウ
ドゥミトール・デデュ
ルーマニアの旗

ルーマニア

ソユーズ40号
Soyuz40 patch2.png
1982年6月24日
Chretien2.jpg
ジャン=ルー・クレティエン
パトリック・ボードリー
フランスの旗

フランス

ソユーズT-6
Soyuz T-6 mission patch.png
1984年4月2日
Rakesh sharma.jpg
ラケッシュ・シャルマ
ラビッシュ・マルハトラ
インドの旗

インド

ソユーズT-11
Soyuz T-11 mission patch.gif
1987年7月22日
ムハンマド・ファーリス
ムニール・ハビブ[1]
シリアの旗

シリア

ソユーズTM-3
Soyuz TM-3 mission patch.svg
1988年7月6日
アレクサンドル・アレクサンドロフ
クラシミル・ストヤノフ[2]
ブルガリアの旗

ブルガリア

ソユーズTM-5
Soyuz TM-5 mission patch.svg
1988年8月29日
アブドゥルアフド・ムハンマド
モハメド・ドゥーラン・グラーム・マスーン
アフガニスタンの旗

アフガニスタン

ソユーズTM-6
Soyuz TM-6 patch.svg

無人ミッション[編集]

東ドイツの切手
  • 1969年10月14日 - インテルコスモス1号 太陽の紫外線・X線とその影響の観測
  • 1970年11月28日 - バーティカル1号 超高層大気、電離層、太陽の観測
  • 1971年8月20日 - バーティカル2号 紫外線、太陽X線の観測
  • 1972年4月7日 - インターコスモス6号 - 近地球での宇宙船と隕石の調査
  • 1975年6月3日 - インターコスモス14号
  • 1975年9月2日 - バーティカル3号 紫外線、太陽X線の観測
  • 1976年 - 再突入テスト
  • 1976年6月19日 - インターコスモス15号 衛星の新しいシステムと構成部品のテスト
  • 1977年3月29日 - 大気上層と外宇宙の観測
  • 1977年6月17日 - シグネ3号 - 衛星上で20人のフランス人の専門家が働く
  • 1977年8月30日 - バーティカル5号 紫外線、太陽X線の観測
  • 1977年9月24日 - インターコスモス17号 - 地球周囲での粒子や微小隕石の観測
  • 1977年10月25日 - バーティカル6号 電離層、太陽の観測
  • 1978年10月24日 - インターコスモス18号 - 地球の磁気圏と電離圏の相互作用の観測。チェコスロバキア社会主義共和国、ドイツ民主共和国、ハンガリー人民共和国、ポーランド人民共和国、ルーマニア社会主義共和国との共同。
  • 1978年10月24日 - マギオン1号 - インターコスモス18号により、チェコスロバキアの衛星マギオン1号が打ち上げられた。
  • 1978年11月3日 - バーティカル7号 電離層、太陽の観測
  • 1979年2月27日 - インターコスモス19号 - ブルガリア人民共和国、チェコスロバキア社会主義共和国、ハンガリー人民共和国、ポーランド人民共和国との共同。
  • 1979年9月26日 - バーティカル8号 紫外線、太陽X線の観測
  • 1979年11月1日 - インターコスモス20号. (チェコスロバキア社会主義共和国, ドイツ民主共和国, ハンガリー人民共和国, ルーマニア社会主義共和国との共同。)
  • 1981年 - 再突入テスト
  • 1981年2月6日 - インターコスモス21号 - (チェコスロバキア社会主義共和国, ドイツ民主共和国, ハンガリー人民共和国, ルーマニア社会主義共和国との共同。)
  • 1981年8月7日 - インターコスモス22号 (ブルガリア1300) (ブルガリア社会主義共和国)
  • 1981年8月28日 - バーティカル9号 紫外線、太陽X線の観測
  • 1981年9月21日 - オレオル3号 - ソビエトとフランスの共同プロジェクト'Arkad-3'の下で、両国によって開発された。
  • 1985年4月26日 - インターコスモス23号 - ソビエトとチェコスロバキアの科学者によって開発された。
  • 1986年12月18日 - コスモス1809号
  • 1989年9月28日 - マギオン2号 - マギオン2号は、インターコスモス24号の科学プログラムの一部である。地球周辺宇宙空間の離れた場所で同時にプラズマの観測が行われた。
  • 1989年9月28日 - インターコスモス24号 - ブルガリア、チェコスロバキア、東ドイツ、ハンガリー、ポーランド、ルーマニアが協力し、アメリカが参加した。 (国際科学プロジェクト全体は'Aktivny'と名付けられた。)チェコスロバキアのマギオン2号を運んだ。
  • 1991年12月18日 - インターコスモス25号 - 東ドイツ、ルーマニア、ブルガリア、ポーランド、ハンガリーからの実験が行われた。人工的な電子やプラズマのビームによる地球の電離層や磁気圏に対する影響の包括的な研究が行われた。
  • 1991年12月18日 - マギオン3号
  • 1994年3月2日 - インターコスモス26号 - ロシアとウクライナが中心となり、ポーランド、チェコ共和国、スロバキア共和国、ブルガリア、フランス、イギリスの協力を得て行われたCoronas-Iプロジェクトの一環として行われた。

脚注[編集]

  1. ^ Spaceflight mission report Soyuz-TM3
  2. ^ Spaceflight mission report Soyuz-TM5