LUNAR DREAM CAPSULE PROJECT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

LUNAR DREAM CAPSULE PROJECT(ルナ・ドリーム・カプセル・プロジェクト)は、大塚製薬シンガポールのアストロスケール社、アメリカのアストロボティック社によって構成されるLUNAR DREAM実行委員会の主導で進行していた民間による月面着陸計画である[1]。38万kmの彼方のポカリスエット型のカプセルを送る予定で、カプセルに同封するメッセージを募集していた。[2]

概要[編集]

月面にポカリスエット型のカプセルを送ることを目標としており、プロジェクトは2014年5月15日に開始された[2]。 民間による最初の月面着陸を目指すGoogle Lunar X PrizeAstrobotic Technology英語版のGriffin着陸船に相乗りする形で月面到達を予定しており、応募者からのメッセージを刻んだプレートと、ポカリスエットの粉末が封入されたLUNAR DREAM CAPSULEとよばれるポカリスエット型のカプセルを送り込むとしていた。

技術面では東京大学九州大学九州工業大学、由紀精密、海内工業、電化皮膜工業が参画していた[2]

当初は打ち上げは2015年10月に予定していたが、後に着陸船の新技術搭載のためという理由で2016年夏に延期された[3]。しかし2018年現在も打ち上げは行われておらず、Google Lunar X Prize自体も2018年3月に期限切れで終了となっている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ LUNAR DREAM CAPSULE PROJECT” (日本語). lunar-dream.com. 大塚製薬. 2015年10月6日閲覧。
  2. ^ a b c ポカリスエット、月へ飛ぶ。民間初の月面着陸を目指す「LUNAR DREAM CAPSULE PROJECT」” (日本語). gizmodo.jp. 2015年10月6日閲覧。
  3. ^ 着陸船の新技術搭載に伴う打ち上げ時期変更について”. LUNAR DREAM実行委員会 (2014年12月17日). 2018年7月29日閲覧。

外部リンク[編集]