ベレシート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベレシート
Spacecraft 03.jpg
月面に着陸したベレシートの予想図
所属 SpaceIL
主製造業者 SpaceILイスラエル・エアロスペース・インダストリーズ
公式ページ https://beresheet.space/
国際標識番号 2019-09B
カタログ番号 44049
状態 運用終了
目的 月探査
打上げ機 ファルコン9
打上げ日時 2019年2月22日
軌道投入日 2019年2月22日
通信途絶日 2019年4月11日
物理的特長
本体寸法 直径:2m、高さ:1.5m
質量 585kg
テンプレートを表示
ベレシートの実物大模型

ベレシート (ヘブライ語: בְּרֵאשִׁית‎、英語: Beresheet) は、イスラエルSpaceILによって開発された月探査機

概要[編集]

イスラエル・エアロスペース・インダストリーズの協力を得て開発され、2019年2月22日にケープカナベラル空軍基地第40発射施設からファルコン9ロケットによって打ち上げられた[1]。当初の名称はSparrowだったが[2]ヘブライ語創世記を意味するベレシートに変更された[3]。2014年4月に月面の晴れの海に着陸予定で当初はGoogle Lunar X Prizeに参戦するために開発が進められていたものの、期日までに完成しなかった。Google Lunar X Prizeでは着陸後、月面上で500メートル移動する項目があり、ロケットエンジンによる跳躍で移動する事が検討されたが、推進剤の使用が多く、難易度が高いので移動しない仕様になった。無事に月面に軟着陸すれば、アメリカ、ソビエト、中国に次いで4ヶ国目となる月面着陸の成功で、2017年6月に、イスラエル宇宙局 (ISA) から750万ILSの資金援助があったので純粋な民間資本によるものではないが、事実上国家が関与しない民間団体としては初の快挙となる予定であった。

べレシートは2019年4月4日に月周回軌道への投入に成功、次いで11日には月面着陸に挑むも、エンジントラブルにより高度約149メートルで通信が途絶。機体はそのまま月面に衝突し、着陸成功までは至らなかった[4]。着陸こそ成功しなかったが月へ到達したベレシートは、Xプライズ財団がGLXP後に新たに制定したムーンショット賞(賞金100万ドル)を獲得した[5]

緒元[編集]

  • 重量: 585kg[3]
  • 直径: 2m[3]
  • 高さ: 1.5m[3]

ペイロード[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]