パイオニア0号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パイオニア0号
Pioneer able.png
所属 アメリカ空軍[1][2]
主製造業者 TRW[1][2]
任務 周回[1][2]
打上げ日時 1958年8月17日[1][2]
打上げ機 ソー-エイブル[1][2]
打上げ場所 ケープカナベラル空軍基地第17発射施設[2]
任務期間 73.6 秒間[3]
COSPAR ID ABLE1
質量 83.8 lb (38.0 kg)[4]
軌道要素
遠点高度 16 km[2]
搭載機器
主要搭載機器 テレビカメラ, 磁気センサ, 流星塵衝突検出器[4]

パイオニア0号(Pioneer 0)は、国際地球観測年の一環として、テレビカメラ、流星塵検出器、磁気センサを積んでの軌道への投入を目的としたが失敗したアメリカ合衆国宇宙探査機である。パイオニア計画の最初の衛星としてアメリカ空軍が設計し、地球の軌道を抜ける最初の試みの1つとなったが、打上げ直後にロケットが故障した。パイオニア(またはパイオニア1号)と呼ばれることになっていたが、失敗したため、パイオニア0号と呼ばれるようになった。

宇宙船の設計[編集]

宇宙船は、直径74cm[3]の薄い円筒形の中央部の両端に高さが17cmの円錐台が付いた構造をしている[3]。上端から下端までの高さは76cmである。軸に沿って、下の円錐台の末端から11kgの固体推進ロケットが突き出ている。8つの小型低推力固体推進ロケットは、上部の円錐台に環状に配列し、使用後には投棄される。上部の円錐台の先からは、磁気ダイポールアンテナも突き出ている。シェルは薄層プラスチックでできており、温度制御のために明暗の縞模様に塗られている。

搭載された科学機器の質量は11.3kgで、次のようなものがあった。

  • Naval Ordance Test Station (NOTS)が設計した、月の地表、特に地球から見えない面を調査するための赤外線テレビカメラ[4]
  • 流星塵を検出するための振動板とマイクロフォン。流星塵が振動板に衝突すると音波が発生し、振動板を伝わってマイクロフォンに達する。帯域通過増幅器により信号が増幅され、検出される[4]
  • 地球と月の惑星間磁場を測定するための磁気センサ。当時は、月が磁場を持つか否かは分かっていなかった[4]

ロケットの点火にはニッケル・カドミウム電池、テレビシステム用には酸化銀電池、残りの回路には水銀電池が用いられた。電波伝送は、国際地球観測年の人工衛星の標準であった108.06MHzの周波数で[5]、遠隔操作とドップラー測定用には電気ダイポールアンテナ、テレビシステム用には磁気ダイポールアンテナを用いて行われた。地上からの指令は、115MHzの電気ダイポールアンテナで受信された。宇宙船は、毎秒1.8回転のスピン安定で、スピンの方向はおおよそ子午線面に垂直であった。

打上げと失敗[編集]

パイオニア0号は、1958年8月17日12時18分00秒(UTC)、計画された打上げ時間のわずか4分後[3]にアメリカ空軍によって第127号ソーミサイルで打ち上げられた。打上げの73.6秒後に、高度16kmでソーの第1ステージの爆発により破壊され、大西洋に落下した[3]。この失敗は、ターボポンプ軸受の欠陥により液体酸素ポンプが停止したのが原因であると考えられている[3]。爆発後の123秒間、ペイロードと上段ステージからエラー信号が受け取られ、上段ステージは海に落下させるために追跡された。当初の計画では、2.6日間かけて月まで飛行し、TX-8-6固体推進モーターで2万9,000kmの月軌道に乗せられ、2週間運用されることになっていた。

これは、アメリカ空軍によって実行される唯一のパイオニア計画のミッションとなり、続くミッションからは、アメリカ航空宇宙局に引き継がれた[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Pioneer 0, 1, 2”. Mission and Spacecraft Library. Jet Propulsion Laboratory, NASA. 2009年2月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Wade, Mark (2008年). “Pioneer 0-1-2”. Encyclopedia Astronautica. 2008年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月17日閲覧。
  3. ^ a b c d e f (PDF) 1958 NASA/USAF Space Probes (ABLE-1) Final Report: Volume 1. Summary. Space Technology Laboratories. (1959-02-18). http://www.sdfo.org/stl/1958%20NASA%20USAF%20Space%20Probes%20%28ABLE-1%29%20FINAL%20REPORT.pdf 2009年2月17日閲覧。. 
  4. ^ a b c d e (PDF) 1958 NASA/USAF Space Probe (ABLE-1) Final Report: Volume 2. Payload and Experiments. Space Technology Laboratories. (1959-02-18). http://www.sdfo.org/stl/1958%20NASA%20USAF%20Space%20Probes%20%28ABLE-1%29%20FINAL%20REPORT%20Volume%2002.pdf 2009年2月17日閲覧。. 
  5. ^ Marcus, Gideon (2007年2月14日). “"Pioneering Space"” (PDF). Quest. pp. 52-59. http://www.sdfo.org/stl/Pioneer%20Part%20II.pdf 2009年2月17日閲覧。 

外部リンク[編集]