ハードランディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハードランディング(硬着陸)とは、航空機などが急降下して地面に叩き付けられる形で着陸すること、宇宙開発においては火星などの衛星惑星探査機着陸船衝突させることをいう。反対語はソフトランディング(軟着陸)。

上記の意味から、景気動向の急激な変動の意味にも用いられる。景気循環も参照。

概要[編集]

飛行機の着陸[編集]

航空機が衝撃を伴いながら強行着陸する様子を指す言葉。航空機の損傷(特にランディングギアの破損など)、乗客へのダメージ、最悪、着陸失敗・墜落事故(ショックでランディングギアが破損して胴体着陸状態になった場合や、エンジンなどが地面に接触した場合など)などの原因になりうるため、接地直前に機首の引き起こし操作(フレアー)を行うのが理想とされ、パイロットの訓練でも多くの時間が割かれている[1]。尾輪式では3つの車輪が同時に地面に接する3点着陸が理想であるが、前輪式では前輪脚が1本であることが多くさらに脚の強度が低いので3つの車輪で静かに着陸するよりも着陸直前のフレアー操作により2つの後輪で着陸するのが理想である。「着陸時には強く接地するのが正解」という都市伝説が生まれたのは、旅客機のパイロットがハードランディングの言い訳として客室乗務員に話した内容が一般にも広まったことが原因とされる[1]

経済上のハードランディング[編集]

景気の急激な失速のことをいう。上記航空機の強行着陸から転用されており、経済や市場を急速に悪化させるような大胆な政策の影響を指す[2]

原因[編集]

などが考えられる。

出典[編集]

  1. ^ a b 着陸時の「ドシン」と「ソフト」はどっちがいいの? 都市伝説の答えは...”. ハフポスト (2018年5月6日). 2020年4月22日閲覧。
  2. ^ 金融・証券用語解説 ハードランディング”. 大和証券. 2020年4月22日閲覧。

関連項目[編集]