ゼロ距離発進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゼロ距離発進を行うF-100D

ゼロ距離発進(ゼロきょりはっしん Zero length launch)とは、垂直離着陸機ではない航空機がほとんど滑走せずに離陸することであり、特に冷戦期の戦闘機発進方法として検討された[1][2]。そのシステムはzero length take-off systemからZLL、ZLTO、ZEL、ZELLなどと略称される[1]

戦闘機発進方法として、爆撃等により滑走路が使用不能時においても、離陸し作戦行動をすることを可能とするために開発が行われた[1]。戦闘機に大型ロケットブースターを装備するものであり、その機体はランチャー上にセットされる[1]。機体本体のジェットエンジンおよびロケットブースターの推力によりごく短時間に大きく加速され、離陸が行われる[1]。なお、ロケットブースターは離陸後、分離投棄される[2]

離陸においては滑走路を必要としないが着陸には滑走が必要であり、滑走が出来ない所から離陸すれば発進した所に戻れなくなるという問題がある[1]。また、ごく短い距離でも離陸滑走できる状況であれば、機体取り付け型のロケットブースターであるJATORATOにより離陸ができる。

1950年代から60年代にかけて、アメリカ空軍、西ドイツ空軍、ソ連軍などで実験が行われ、離陸技術に関しての問題は少なかった。しかし、大型ロケットブースターなどの費用面と即応性に優れた誘導ミサイルの発達などにより、実用化にまでは至らなかった[1]

  • ZELLの試験が行われた機体
    • F-84G:アメリカ空軍、1953年計画開始。この開発試験においては、ゼロ距離発進マット着陸方式(Zero Length Launch and Mat Landing,ZELMAL)が採用され、着陸時も降着装置を使わず、ゴムマットにアレスティングフックにより短距離着陸させる計画であった[2][3]。移動式ランチャーからの発進には、機体後部下に取り付けたMGM-1 マタドール・ミサイル向けを転用したブースターを用いている[2]。1953年12月に無人機による発進試験が成功し、1954年1月には有人機での試験も成功した[2]。着陸試験は1954年6月に行われたが、機体が損傷し、パイロットも受傷したため、28回の発進試験と3回の着陸試験でもって、開発は中止された[2][3]
    • F-100D:アメリカ空軍、1957年計画開始。コンセプトとしては、報復の核爆撃手段として隠匿配備し、敵の攻撃を回避し、攻撃後の乗員は味方領域にパラシュート降下するというものであった[2]。1958年より有人の発進試験がなされ、発進自体は成功している[2]
    • F-104G:西ドイツ空軍、1963年計画開始。マタドール・ミサイル向けを転用したブースターを用い、エドワーズ空軍基地において、1966年に発進試験に成功している[4][5]
    • MiG-19:ソ連軍、1957年に有人発進試験に成功している[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Aviation Management: Global Perspectives,K.C. Khurana,Global India Publications Pvt Ltd,P147 ISBN 9789380228396
  2. ^ a b c d e f g h i Rocketing Into the Future: The History and Technology of Rocket Planes,Michel van Pelt,Springer Praxis Books,P181-187 ISBN 9781461431992
  3. ^ a b サンダージェット サンダーストリーク サンダーフラッシュ 開発と各型,松崎豊一,世界の傑作機 (No.90) 「F-84 サンダージェット/サンダーストリーク」,P25,文林堂 ISBN 9784893190888
  4. ^ 世界の傑作機 (No.103) 「F-104 スターファイター,P55,文林堂 ISBN 9784893191076
  5. ^ Lockheed F-104 Starfighter - WarbirdTech Vol 38,Jim Upton,Specialty Press,P89 ISBN 9781580070690

外部リンク[編集]