チャタム諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャタム諸島
Rēkohu
Wharekauri
Chatham Islands
チャタム諸島の旗
諸島の旗英語版
Chatham Islands in New Zealand (zoom).svg
公用語 モリオリ語英語版
マオリ語
英語
首府 ワイタンギ
面積 966 km2
人口
2016年推計)
610 人
時間帯
- 標準時
- 夏時間
チャタム標準時間帯英語版
- UTC+12:45
- UTC+13:45
ISO 3166-2:NZ NZ-CIT
チャタム諸島の衛星写真。中央の最大の島がチャタム島、右下の2番目の島がピット島、ピット島の右にあるのが南西島。

チャタム諸島モリオリ語 : Rēkohuマオリ語: Wharekauri英語: Chatham Islands)は、南太平洋上にある諸島で、ニュージーランドの特別領。チャタム島のワイタンギが最も大きな集落である。総面積963km2。人口610人(2016年推計[1])。

地理[編集]

ニュージーランド南島の東方1000kmに位置する。チャタム諸島は主島で千葉県のような形のチャタム島ピット島などを始めとする火山性の島々からなる。チャタム島は火山の噴火により隆起した島で島内には小さなが点在し、ラグーンが島内の1/3を占める。

気候[編集]

チャタム諸島(1981年 − 2010年)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 17.9
(64.2)
18.2
(64.8)
17.1
(62.8)
14.9
(58.8)
13.0
(55.4)
11.3
(52.3)
10.5
(50.9)
11.0
(51.8)
11.9
(53.4)
13.1
(55.6)
14.4
(57.9)
16.4
(61.5)
14.1
(57.4)
日平均気温 °C (°F) 14.9
(58.8)
15.2
(59.4)
14.3
(57.7)
12.4
(54.3)
10.6
(51.1)
9.1
(48.4)
8.2
(46.8)
8.6
(47.5)
9.4
(48.9)
10.6
(51.1)
11.7
(53.1)
13.5
(56.3)
11.5
(52.7)
平均最低気温 °C (°F) 11.9
(53.4)
12.3
(54.1)
11.5
(52.7)
9.9
(49.8)
8.1
(46.6)
6.8
(44.2)
5.9
(42.6)
6.2
(43.2)
6.9
(44.4)
8.0
(46.4)
9.1
(48.4)
10.7
(51.3)
9.0
(48.2)
雨量 mm (inch) 54.9
(2.161)
63.9
(2.516)
84.7
(3.335)
75.7
(2.98)
87.9
(3.461)
107.8
(4.244)
84.7
(3.335)
84.4
(3.323)
71.1
(2.799)
63.4
(2.496)
66.7
(2.626)
66.3
(2.61)
911.3
(35.878)
平均降雨日数 (≥ 1.0 mm) 7.9 7.7 11.3 11.1 14.4 16.0 14.8 14.5 11.9 11.2 9.8 9.4 140.1
 % 湿度 82.2 83.5 83.2 83.4 85.7 85.8 86.9 85.8 83.4 84.0 82.5 82.7 84.1
平均月間日照時間 191.3 145.5 124.2 106.3 81.2 61.8 74.4 101.0 109.1 129.7 148.9 164.0 1,437.3
出典: NIWA Science climate data[2]

政治[編集]

元首はエリザベス2世でニュージーランドの特別領である。チャタム諸島には独自のチャタム諸島議会(Chatham Islands Council)も持つ。パトリック・F・スミス(Patrick Francis Anthony Smith)がチャタム諸島の首相

経済[編集]

主な産業肉牛の放牧と漁業。その他に羊毛や冷凍魚の輸出。

歴史[編集]

住民[編集]

もともとはポリネシア系のモリオリ人が居住していたが、現在では減少している。その他はマオリ、白人。かつてマオリ戦争で敗れたアナル・マテテなどのマオリ指導者が流罪となった場所でもある。

生物[編集]

チャタム諸島には、以下の生物が固有種、固有亜種として生息している。人間の密猟外来種のために生息数が激減し、絶滅したり、絶滅が危惧されている種類がある。

脚注[編集]

  1. ^ Citypopulation.de
  2. ^ Climate Data and Activities”. NIWA Science. 2013年10月15日閲覧。

外部リンク[編集]