UTC+13

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UTC+13: 青-12月前後に適用、水色-当該海域

UTC+13とは、協定世界時を13時間進ませた標準時である。

UTC-11と同じ時刻であるが、それよりも1日進んでいる。

主な地域[編集]

歴史[編集]

キリバス1995年1月、東部の時間を変更し、UTC-11 および UTC-10 をそれぞれ UTC+13・UTC+14 とした。この結果、国際日付変更線で国が二分されるのを回避することができた。なお、世界で最も早く日付が変わることで知られるカロリン島(ミレニアム島)も、この時に変更されたものである。

トンガは長年 UTC+13 を用いているが、1999年から2002年までの夏(南半球の)は夏時間の UTC+14 を用いていた[1]

また、かつてはロシアカムチャツカ夏時間において用いられていたが、2010年3月にマガダン夏時間に統合された。

2011年12月29日末、サモアは標準時を UTC-11 から UTC+13 (夏時間は UTC-10 から UTC+14 )へ変更[2]。同日、トケラウも同様に変更した(夏時間無し)[3][4]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

UTC+13 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
UTC

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
JST

20

21

22

23
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19