おおすみ (輸送艦・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京湾を南下中の「おおすみ」
東京湾を南下中の「おおすみ」
基本情報
建造所 三井造船 玉野事業所
運用者  海上自衛隊
艦種 輸送艦
艦級 おおすみ型
愛称 Deep Blue Dragon
建造費 503億2,000万円
母港
所属 掃海隊群第1輸送隊
艦歴
計画 平成5年度計画
発注 1993年
起工 1995年12月6日
進水 1996年11月18日
就役 1998年3月11日
要目
基準排水量 8,900トン
満載排水量 13,000トン
全長 178.0m
全幅 25.8m
深さ 17.0m
吃水 6.0m
機関 三井造船16V42M-Aディーゼル × 2基
出力 26,400PS
推進器 スクリュープロペラ × 2軸
速力 最大速 22ノット
乗員 137名(ほか揚陸要員330名)
兵装 高性能20mm機関砲(CIWS) × 2基
レーダー OPS-14C 対空
OPS-28D 対水上
OPS-20 航海用
電子戦
対抗手段
Mk.137 デコイ発射機 × 4基
テンプレートを表示
横須賀基地にて
呉基地に停泊中

おおすみローマ字JS Osumi, LST-4001)は、海上自衛隊の輸送艦。おおすみ型輸送艦 (2代)の1番艦。艦名は大隅半島に由来し、この名を持つ輸送艦としては初代おおすみ型輸送艦おおすみ」(LST-4001) に続いて2代目。

艦歴[編集]

「おおすみ」は中期防衛力整備計画(平成3年度~平成7年度)に基づく平成5年度計画8,900トン型輸送艦4111号艦として、三井造船玉野事業所で1995年12月6日に起工され、1996年11月18日に進水、1998年3月11日に就役し、自衛艦隊に直轄艦として編入されに配備された。

本艦には就役当初、外洋航海やヘリ離着艦時の安定性を向上させるフィンスタビライザー(横揺れ防止装置)が政治的判断から装備されず、就役から8年後の2006年に国際緊急援助活動に対応するための大型輸送艦の改修費としてスタビライザー取り付け費用が防衛庁(現・防衛省)でようやく予算化され、同時に航空燃料の容量も増やされた。また、就役当初にはなかった戦術航法装置 (TACAN) も搭載された。

1999年8月17日に発生したトルコ北西部地震被害への援助として、仮設住宅を輸送するため、9月23日に掃海母艦「ぶんご」、補給艦「ときわ」とともに神戸港を出港、エジプトアレクサンドリアまで平均速力18kt(約33km/h)で無寄港連続23日間という海上自衛隊史上初の長距離連続航海[1]を行い、10月19日イスタンブールのハイダルパシャ港に入港した。帰路は11月22日に呉港に入港予定であったが、「ぶんご」が真水タンクが空になったことによりトップヘビー状態になり、入港が1日遅れるという椿事があった(「ときわ」は22日に佐世保に帰港)。

2002年3月9日、呉を出港し護衛艦みねゆき」とともに東ティモールPKO部隊を輸送、同年4月27日、帰国した。なお、2002年3月12日付で自衛艦隊直轄部隊として第1輸送隊が新編され、同日付で就役した2番艦「しもきた」とともに編入された。

2004年2月20日イラク復興支援法に基づき、陸上自衛隊イラクで使用する軽装甲機動車給水車など車両70台を搭載し、護衛艦むらさめ」とともに室蘭を出港、同年3月15日クウェートに入港し、車両などを陸揚げした後、同年4月8日に帰国した。

2006年4月3日、第1輸送隊が護衛艦隊隷下に編成替え。

2010年1月26日から1月28日、輸送艦「くにさき」、米海軍揚陸艦「トーテュガ」と共に、佐世保港と九州西方海域で輸送特別訓練を実施。

2011年3月5日、日本とインドネシアが共催する東南アジア諸国連合地域フォーラム災害救援実動演習に参加するためヘリコプター等を搭載して呉基地を出港した[2][3]。しかし、11日東日本大震災が発生したため帰国し、救援物資を横須賀基地で積んで19日仙台港へ輸送した。[4]

2012年6月から7月にかけて「パシフィック・パートナーシップ2012」に参加し、フィリピン及びベトナムを訪問し、医療活動、文化交流等を行った[5]

2013年10月16日台風26号による伊豆大島土石流被害に対する災害派遣のため、呉を出港。10月18日早朝、横須賀に入港して陸自隊員130名と車両50両を搭載し、正午過ぎに出港して伊豆大島に向かい、夕方にLCACを使用して伊豆大島弘法ヶ浜へ隊員や車両を揚陸した。

同年11月8日フィリピンを襲った台風30号による被害の救援のために国際緊急援助隊が編成され、護衛艦「いせ」、補給艦「とわだ」と共に派遣された(「サンカイ(現地語で友達)作戦」)[6]11月18日に呉を出港し、11月22日レイテ湾に到着、救援物資輸送や医療、防疫活動を実施し、12月20日に帰国した[6]。なお、「おおすみ」は沖縄周辺での離島防衛のための訓練に参加する予定であったが[7]、急遽これを中止して派遣が決まった[7]。訓練は34000人が参加する予定で[7]、「おおすみ」は訓練海域で拠点となる計画であった[7]。「おおすみ」の脱落によって離島防衛訓練自体も中止となった[7]

2014年1月15日、定期整備のため三井造船玉野工場に向けて呉を出港する途中、広島県大竹市阿多田島沖の瀬戸内海で、無謀な航路横切りを試みた遊漁船に異常接近され、おおすみは再三警告、減速したが衝突された。釣り船が転覆、乗っていた4人が海に投げ出され、おおすみの乗員に救助されたが、うち釣り船の船長と釣り客の2人が死亡した[8]

2015年5月16日から5月17日、九州西方海域でSH-60J/Kヘリ、陸自西部方面総監部西部方面航空隊CH-47Jヘリ、UH-60JAヘリ、米海軍艦艇、仏海軍強襲揚陸艦「ディズミュード」、フリゲート「アコニト」と日米仏共同訓練を実施。ディズミュードのLCATを本艦に、本艦のLCACをディズミュードに乗艦させる相互乗艦訓練(クロスデッキ)などを行った。

2016年4月14日4月16日に発生した熊本地震の災害派遣に参加。

同年7月1日、第1輸送隊が掃海隊群隷下に編成替え。

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り1等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
1 山村洋行 1998.3.11 - 1999.3.31 防大13期 おおすみ艤装員長 第2海上訓練指導隊司令
2 成影 努 1999.4.1 - 2000.3.29 防大14期 とわだ艦長 舞鶴警備隊司令
3 江崎一洋 2000.3.30 - 2001.8.9 防大15期 海上自衛隊第1術科学校生徒部長 第1海上訓練指導隊
4 小島英伸 2001.8.10 - 2002.9.19 防大18期 おじか艦長 舞鶴地方総監部監察官 
5 阪上廣治 2002.9.20 - 2004.3.31 防大16期 自衛艦隊司令部幕僚 電子情報支援隊司令
6 大河戸正巳 2004.4.1 - 2006.3.26 防大20期 海上自衛隊第1術科学校教官 自衛艦隊司令部 就任時2等海佐
2005.7.1、1等海佐
7 江﨑哲夫 2006.3.27 - 2009.3.24 防大21期 くにさき副長 佐世保基地業務隊 2等海佐
8 田邉明彦 2009.3.25 -2011.4.10 防大26期 横須賀地方総監部管理部人事課長 ひゅうが艦長 就任時2等海佐
2009.7.1、1等海佐
9 村田耕一 2011.4.11 - 2013.3.31 防大26期 護衛艦隊司令部幕僚 誘導武器教育訓練隊教育部長 2等海佐
10 田中久行 2013.4.1 - 2014.7.31 防大29期 海上自衛隊第1術科学校教官 第1術科学校主任教官 2等海佐
11 秋元辰夫 2014.8.1 - 2016.9.29 防大31期 海上幕僚監部防衛部
運用支援課南極観測支援班長
大湊地方総監部付
→2016.10.3同総監部監察官
2等海佐
12 斎藤 貴 2016.9.30 - 防大32期 大湊海上訓練指導隊副長
兼 指導部長
2等海佐

脚注[編集]

  1. ^ 1日も早く仮設住宅をトルコへ~海上自衛隊初の23日連続航海で~
  2. ^ ARF災害救援実動演習への防衛省・自衛隊の参加について 海上自衛隊
  3. ^ ARF災害救援実動演習への防衛省・自衛隊の参加について 防衛省 2011年1月14日
  4. ^ 輸送艦おおすみが仙台港入港 灯油入りドラム缶70本陸揚げ 産経新聞 2011年3月19日
  5. ^ パシフィック・パートナーシップ2012への参加
  6. ^ a b 自衛隊比艦隊、レイテ島沖に到着、「友達作戦」展開へ 過去最大1180人態勢 産経新聞 11月22日(金)10時31分配信 同日閲覧
  7. ^ a b c d e <比台風>「政治的」中国警戒 自衛隊大型艦3隻被災地入り 毎日新聞 2013年11月21日(木)21時30分配信 同年11月22日閲覧
  8. ^ “海自艦と釣り船が広島沖で衝突…2人意識不明”. 読売新聞. (2014年1月15日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140115-OYT1T00334.htm 2014年1月15日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)