ハアパイ諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハアパイ諸島

ハアパイ諸島(Haʻapai)は、トンガにある諸島。トンガ中部に位置し、トンガの主島トンガタプ島から北に160km、ヴァヴァウ諸島から南に112kmの地点に位置する。ハアパイ諸島に有人島は17あり、東部にあるリフカ島がハアパイの主島となっている。主都のパンガイもリフカ島に位置する。

ハアパイ諸島地図

概要[編集]

ハアパイ諸島はいくつかのグループに分かれており、東のリフカ諸島には北からハアアノフォア、リフカ、ウオレバタタファウイハの島々が並ぶ。中でもフォア島とリフカ島が大きく人口も多い。2016年の人口は、フォア島が1,392人、リフカ島が2,205人で、諸島全人口6,125人の半分以上を両島が占める。両島は橋で結ばれている。 北のハアアノ島は4つの村があり人口は415人、南のウイハ島は人口558人で2つの村があり、古代の遺跡や墓地が残っている[1]

西には活火山を擁するトフア島休火山のあるカオ島があり、中部には環礁からなるコツ諸島が、最南部にはノムカ諸島がある。

ノムカ諸島のノムカ島やマンゴ島は2022年のフンガ・トンガ噴火の際に発生した津波などで大きな被害を受けた[2]

出身人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Tonga 2016 Census of Population and Housing Volume 1 (PDF)” (英語). Tonga Statistics Department. p. 23 (2017年10月). 2021年11月4日閲覧。
  2. ^ トンガ、離島被災者は首都移住も 首相「厳しい選択」、津波が打撃”. 中日新聞 (2022年1月27日). 2022年2月11日閲覧。

座標: 南緯19度45分 西経174度22分 / 南緯19.750度 西経174.367度 / -19.750; -174.367