遠州灘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
遠州灘
Tenryu river aerial photo.jpg
遠州灘に注ぐ天竜川
遠州灘の位置(日本内)
遠州灘
遠州灘
遠州灘の位置(北太平洋内)
遠州灘
遠州灘
遠州灘(およその位置)
座標 北緯34度25分 東経137度40分 / 北緯34.417度 東経137.667度 / 34.417; 137.667座標: 北緯34度25分 東経137度40分 / 北緯34.417度 東経137.667度 / 34.417; 137.667
親水域 フィリピン海
海洋 太平洋
日本の旗 日本
自治体 浜松磐田御前崎豊橋田原など

遠州灘(えんしゅうなだ)は、太平洋フィリピン海、北西太平洋)にある海域の名称。狭義には静岡県御前崎から愛知県伊良湖岬までの約110km、広義には静岡県石廊崎から三重県大王崎までの約180kmの海域を意味する。遠江灘(とおとうみなだ)、天竜灘(てんりゅうなだ)とも呼ばれる。

概要[編集]

主に、遠州、つまり、旧遠江国(静岡県西部)に面することから、この名がある。御前崎から伊良湖岬までは砂丘が広がり、海亀が産卵に訪れる浜辺として有名である。このうち、浜名湖以西の砂浜の海岸を片浜十三里という。冬には強い西風が吹き、浜松凧横須賀凧などの凧揚げ風力発電に利用される一方、波荒く、避難港が少ないため海の難所となる。御前崎周辺は、ウィンドサーフィンボディボードなど、マリンスポーツのメッカとして世界に知られている。尚、遠州灘一帯は波が荒い為、全域で遊泳禁止である。

海上保安庁が発行する日本の水路図誌海図)にも「遠州灘」として掲載されている[1]。なお、遠州灘東部では海岸線から12海里(約22.2km)まで日本の領海だが、西部では浜名湖の今切と志摩半島大王崎の間に基線が設定されており[2]、これより北西側は海洋法上日本の内水内海)とみなされるため、領海の範囲が通常より広くとられている。

灯台・施設[編集]

沿岸の市町村[編集]

遠州灘沿岸の市町村を、東から順に列挙する。

静岡県
御前崎市掛川市袋井市磐田市浜松市南区西区)、湖西市
愛知県
豊橋市田原市

過去の出来事[編集]

マッコウクジラの骨格標本国立科学博物館蔵)

遠州灘が登場する作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 海の相談室 FAQ 灘ってなに?」、海上保安庁 海洋情報部、2017年9月10日閲覧
  2. ^ 「管轄海域情報~日本の領海~ 直線基線 四区域 本州南岸:浜名湖~那智勝浦」、海上保安庁 海洋情報部、2017年9月10日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]