ストロンボリ式噴火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ストロンボリ式噴火 (ストロンボリ山)
ストロンボリ式噴火 (ストロンボリ山)
パリクティン山のストロンボリ式噴火。円錐台のスコリア丘を形成した。

ストロンボリ式噴火(-しきふんか、:Strombolian eruptionとは、噴火形態の一つで噴石火山礫火山弾が数千メートルの高さに達する噴火 に用いられる分類である。名前はイタリアストロンボリ山から取られている。

概要[編集]

ストロンボリ式噴火は、岩脈が強くない為に壊れやすく、爆発的噴火を起こしにくい為に、長期間(数ヶ月~数年)に亘って活動する。この噴火が続くと円錐台の形をしたスコリア丘が形成される[1]

この形式に属する火山はストロンボリ山以外にもパリクティン山エレバス山等が見られる。日本の例では近年の西之島の2013年の噴火が挙げられる[2]阿蘇山の中央火口丘にある米塚スコリア丘も数千年前のストロンボリ式噴火で形成されたものである[1]

噴出物[編集]

テフラは噴出前には赤いが、表面は比較的高温でなく黒色を呈し、より液体に近くなっている。また、噴石は多いものの、火山灰の噴出は少ない。

また、溶岩ハワイ式噴火と比較すると粘性に富んでいるが、両者の違いは火山砕屑岩によって生ずる。

さらに、火山ガス水蒸気により、圧力が低下する事で、マグマが上昇し、噴火する。この両者の間には数分の時間差が見られる事も多い。しかし、これらは3キロメートル程の高さにまでしか上昇しないために、この現象を用いて噴火の予測をするのは難しくなっている。[3][4]

脚注[編集]

外部リンク[編集]