森の里 (つくば市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 関東地方 > 茨城県 > つくば市 > 森の里 (つくば市)
森の里
森の里
森の里
森の里の位置(茨城県内)
森の里
森の里
森の里の位置
北緯35度59分31秒 東経140度6分32秒 / 北緯35.99194度 東経140.10889度 / 35.99194; 140.10889
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Ibaraki Prefecture.svg 茨城県
市町村 Flag of Tsukuba Ibaraki.JPG つくば市
地区 茎崎地区
標高
8m
人口
2017年(平成29年)8月1日現在)[1]
 • 合計 2,959人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
300-1256 
市外局番 029
ナンバープレート つくば
茎崎森の里簡易郵便局

森の里(もりのさと)は茨城県つくば市にある地名郵便番号は300-1256。

概要[編集]

つくば市の南部に位置し、筑波研究学園都市周辺開発地区に位置する。 地域内は全域が1970年代に計画的に整備された住宅街となっており、県道野田牛久線が地域の南端を通っている。地域内には茎崎森の里簡易郵便局がある。

東は小茎、西は牛久沼を挟んで茎崎、南は牛久沼を挟んで下岩崎、北は六斗と接している。

地名の由来[編集]

沿革[編集]

  • 1972年(昭和47年) - 境界変更により稲敷郡茎崎村が龍ケ崎市佐貫町の一部を編入[2]。稲敷郡茎崎村佐貫町となる。
  • 1978年(昭和53年)
    • 7月24日 - 佐貫町を森の里に改称[2]、同時に村内の他の大字の一部を編入[3]。稲敷郡茎崎村森の里となる。
    • 10月23日 - 9月1日に龍ケ崎市から再編入した佐貫町を森の里に編入[2]
  • 1983年(昭和58年)1月1日 - 茎崎村の町制施行により稲敷郡茎崎町森の里となる。
  • 2002年(平成14年)11月1日 - 茎崎町がつくば市に編入され、つくば市森の里となる。

町名の変遷[編集]

実施後 実施年月日 実施前
森の里 1978年(昭和53年)7月24日 稲敷郡茎崎村佐貫町・庄兵衛新田(一部)・小茎(一部)

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)8月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
森の里 1,309世帯 2,959人

小・中学校の学区[編集]

市立中学校に通う場合、森の里全域が茎崎第三小学校、茎崎中学校となる[4]

施設[編集]

  • 茎崎森の里簡易郵便局

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 平成29年度行政区別人口表”. つくば市 (2017年8月9日). 2017年8月15日閲覧。
  2. ^ a b c 「角川日本地名大辞典」編纂委員会(1983):458ページ
  3. ^ 「角川日本地名大辞典」編纂委員会(1983):931ページ
  4. ^ つくば市立小学校及び中学校の通学区域並びに就学すべき学校の指定に関する規則(平成2年7月20日つくば市教育委員会規則第8号)

参考文献[編集]

関連項目[編集]