利根町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
とねまち
利根町
Kunio Yanagita Memorial Park in Fukawa, Ibaraki.jpg
柳田國男記念公苑
Symbol of Tone Ibaraki.svg
利根町章
Flag of Tone Ibaraki.JPG
利根町旗
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 茨城県
北相馬郡
団体コード 08564-2
法人番号 7000020085642
面積 24.90km2
総人口 15,678
推計人口、2018年4月1日)
人口密度 630人/km2
隣接自治体 龍ケ崎市取手市稲敷郡河内町
千葉県我孫子市印西市印旛郡栄町
町の木 サクラ
町の花 カンナ
町の鳥 ヨシキリ
利根町役場
町長 佐々木喜章
所在地 300-1696
茨城県北相馬郡利根町布川841-1
北緯35度51分28秒東経140度8分21.1秒
利根町役場
外部リンク 利根町の公式サイト

利根町位置図

― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト

利根町(とねまち)は、茨城県南部に位置するである。現在、北相馬郡(旧下総国)に属する唯一の町である。東京都市圏#茨城県(東京通勤圏)。

利根川を挟んで千葉県と接しており、千葉県我孫子市側と結ぶ栄橋1971年に架け替えられた後、利根ニュータウンなどで新住民が増加した。

概説[編集]

ニュータウンの造成により1985年には人口が2万人を超えるが、都心回帰の影響や交通の便の乏しさにより現在は人口は減少傾向にある。町内の地価も下落する傾向が続き、平成20年には東京圏の住宅地の地価下落率-5.9%でトップとなるなど、地価下落は深刻な状態となっている。2017年には茨城県南地域で唯一の過疎地域に指定された[1]

隣接する龍ケ崎市との合併を検討し、合併協議会が2003年に設置されたが、成立せず2005年に合併協議会を廃止した。

8月の納涼花火大会が有名で、毎年周辺地域からの人出で賑わう。 また近年、健康や福祉に力を入れている町としてメディアで紹介された。 農業は稲作が中心であるが、町内には有機栽培のコーヒー豆を使用した全国的に有名なカフェもありさまざまな作物が育てられている。

地理[編集]

町域はほとんど平坦である。町の南側は利根川に沿っており、気候は比較的温暖である。また桜や銀杏の木が美しい通りがいくつもあり、利根川の土手とともに地元住民の散歩コースとして人気である。

隣接している自治体のうち、千葉県印西市とは直接的な往来はできない。我孫子市または栄町を経由する必要がある。

歴史[編集]

人口[編集]

Demography08564.svg
利根町と全国の年齢別人口分布(2005年) 利根町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 利根町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
利根町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 8,262人
1975年 9,504人
1980年 14,378人
1985年 19,762人
1990年 20,511人
1995年 20,202人
2000年 19,033人
2005年 18,024人
2010年 17,473人
2015年 16,313人
総務省統計局 国勢調査より

行政[編集]

町長[編集]

財政[編集]

  • 2008年度(平成20年度)は50億7,332万8,000円の一般会計予算が組まれており、歳入のうち約33%が町税、約28%が国からの地方交付税に依る。一般会計からの支出は民生費が最も多くを占め、ついで総務費、衛生費、公債費と続く。また、同年度は8つの特別会計で36億9,972万5,000円の予算が組まれている。
  • 負債については、2006年度(平成18年度)末時点で、地方債現在高比率133.8%、実質的な債務残高比率170.6%、将来にわたる財政負担比率84.8%と、近隣自治体よりも健全であるといえる。
  • その一方で、経常収支比率(支出に占める経常的な経費にかかる割合)が99.0%と、近隣と比較して財政運営の硬直化が急速に進んでいる。また、歳入に占める地方交付税比率も27.7%と、国からの交付税に依る財政運営であるといえる。町内の基幹産業や自主財源に乏しいことや、最近の三位一体の改革の影響により国からの地方交付税の減額などを受けて、財源確保に苦慮している様子が伺える。また、龍ケ崎市との合併を視野に入れた合併頼みの財政運営に当てがはずれたことも、今日の厳しい町財政の一因ともいえる。

広域事務[編集]

経済[編集]

郵便局[編集]

  • 利根郵便局 - 布川2599番地
  • 東文間郵便局 - 立崎106番地5

銀行[編集]

地域[編集]

教育[編集]

日本ウェルネススポーツ大学第1キャンパス
旧利根中学校を転用[2]

平成18年度まで利根中学校と新館中学校の2校があったが、2校とも廃校となり新組織の利根中学校になった(校舎は旧新館中学校を使用)。

  • 小学校
    • 利根町立文小学校
    • 利根町立布川小学校
    • 利根町立文間小学校

平成19年度まで利根町には小学校は5校あったが、このうち太子堂小学校と布川小学校2校は新組織の布川小学校になった(校舎は旧太子堂小学校を使用)。また、東文間小学校と文間小学校も新組織の文間小学校になった(校舎は旧文間小学校を使用)。

交通[編集]

若草大橋有料道路と筑波山
(2007年5月21日)
早尾台を走る大利根交通自動車のバス
(2010年4月18日)

道路[編集]

都道府県道

鉄道・バス[編集]

町内を通る鉄道路線はない。直近の路線・は、JR東日本成田線(我孫子支線)の布佐駅で、町役場のある布川地区からは、利根川に架かる栄橋を渡った先にある。

路線バス大利根交通自動車のエリアである。同社の路線は主に町北部の北方車庫から常磐線取手駅方向の路線が中心で、町に一番近い布佐駅へ乗り入れる路線は、布川地区にある利根ニュータウン・フレッシュタウンを結ぶ路線が別にある。しかし、布佐駅へ出る路線は、朝夕に偏ったダイヤで昼間時は便数寡少のため、町民は自転車を使って布佐駅へ出るか、成田線の本数が少ないことを避け、パークアンドライド常磐線の駅(取手駅や我孫子駅)へ出る者もいる。

なお、かつては関東鉄道も町内を経て布佐駅と竜ヶ崎駅を結ぶバス路線を有していた。

また、町内を巡回する無料運行の福祉バス(誰でも利用可)も運行されている。AコースとBコースが内回りと外回りをそれぞれ2便ずつ(計8便)を運行している。運行は観光バス会社に委託している。

観光[編集]

  • 柳田國男記念公苑
    • 民俗学者の柳田國男は、開業医をしていた兄を頼って旧・布川村に移り住み、少年時代の2年間を過ごしている。柳田國男記念公苑は幼少期に柳田が過ごしていた旧小川家母屋を復元したものがある。
  • とね七福神
  • 徳満寺
    • 徳満寺にある「間引き絵馬」を幼少期に見た柳田國男は、飢饉や間引き慣習の悲惨さを思い、「経世済民の学」を志向、のちに東京帝国大学法科大学(のちの東京大学)で農政学を学ぶことになる。
  • 小林一茶句碑
    • 小林一茶はかつて290泊ほど利根町で宿をとったことがあり、町内各所に小林一茶の句碑がある。
  • 赤松宗旦生家及び墓碑
    • 柳田國男に大きな影響を与えたとする『利根川図志』の著者赤松宗旦。その生家と墓碑が利根町布川に残されている。

祭祀行事・その他の行事[編集]

  • どんど焼き(1月)
  • 利根町駅伝大会(2月)
  • 太刀祭(7月)
  • 布川神社臨時大祭(3年に1度、7月)
  • 利根町民納涼花火大会(8月)
  • 琴平神社奉納相撲(9月)
  • 町民運動会(10月)
  • 利根町産業文化祭(11月)
  • 地蔵市(12月)

利根町出身の人物[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]