市川忍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

市川 忍(いちかわ しのぶ、1897年1月9日 - 1973年11月2日)は日本実業家丸紅の初代社長。「正・新・和」の精神で総合商社「丸紅」発展の基礎を築いた。

略歴[編集]

茨城県出身。神戸高商(現神戸大学)卒業後伊藤忠商事に入社、大同貿易を経て、丸紅商店に移る。 1949年丸紅の初代社長に就任。高島屋飯田を吸収、総合商社丸紅飯田(のち丸紅)への転換を果たした。 1966年大阪商工会議所会頭。

外部リンク[編集]