佐伯勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐伯 勇(さえき いさむ、1903年明治36年〉3月25日 - 1989年平成元年〉10月5日)は実業家近畿日本鉄道(近鉄)の元社長会長名誉会長で、近鉄グループの総帥。プロ野球近鉄バファローズのオーナーでもあった。アメリカの大陸横断鉄道の2階建てドームカーを参考にした、世界で初めての2階建電車による特急車のビスタカーの生みの親でもある。

来歴・人物[編集]

愛媛県周桑郡丹原町(現・西条市)で、佐伯源三郎の三男として生まれる。丹原小学校、松山中学(現・愛媛県立松山東高等学校)と進むが、父親の方針で京都一中(現・京都府立洛北高等学校)へ転校、さらに第三高等学校 (旧制・三高)を経て東京帝国大学法学部を卒業した。

1927年4月に近畿日本鉄道の前身、大阪電気軌道(大軌)に入社。この時、社長の金森又一郎は帝大卒という高学歴を見て、かつて同じような学歴で入社したがすぐ辞めてしまった者がいたことから入社を渋り、部下の説得で何とか納得することが出来たといわれる。入社当初は近鉄ラグビー部(現在の近鉄ライナーズ)の初の練習にも参加している。

駅員運転士などの現業に就いたのち、本社庶務課に配属。秘書課長や総務部長を経て、1947年3月15日に上層部が公職追放で辞任したのを受けて、43歳で取締役になる。同年4月、専務取締役となり、参議院議員を兼任していた村上義一社長に代わって経営の前線に立った。1949年、プロ野球球団・近鉄パールスを設立し、パシフィック・リーグに参加、初代オーナーとなり、以後30年以上にわたりオーナーを務めた。

1951年、7代目の社長に就任する。同社では初めて社員からの生え抜きでの起用となった。以後、近鉄を合併や路線延伸により当時の私鉄最大手へと押し上げ、ビスタカーなどの新型車両の導入や、1959年伊勢湾台風の復旧に合わせて行った名古屋線改軌ならびに名阪直通特急の実現化を初め、生駒青山トンネルの改良による輸送力増強、近鉄本社の阿倍野橋から創業の地の上本町六丁目(上六)への回帰、また近鉄百貨店近畿日本ツーリストなど近鉄グループの拡大などを進めていき、近鉄中興の祖と呼ばれるようになった。

社長を21年余り務め、1973年に会長に就任。以後もグループのトップとして経営を指揮し続け、1987年には代表取締役相談役名誉会長に。1989年10月5日、近鉄バファローズのリーグ優勝に先立つこと9日で、肝不全のため大阪大学医学部病院で死去。86歳没。翌年1月、妻・千代子も後を追うようにして亡くなった。長男・幸男も、グループの都ホテル東京常務などを務めた。

文楽清元にも詳しく、文楽協会を1958年に設立し理事長を務めたほか、国立文楽劇場の誘致にも尽力した。1960年には学園前の丘陵地に大和文華館を開館。さらに帝塚山学園1964年帝塚山大学を開学する際には、三碓丘(現在の奈良市帝塚山四丁目)の敷地の提供と設立準備資金の協力も行っており、1975年から1989年まで帝塚山学園の理事長を務めた。また大阪商工会議所会頭を1971年から1981年まで10年間務めたほか、経団連副会長など、財界でも幅広く活動した。大商会頭就任直後に中国を訪問し、翌年の国交回復の足がかりともなった。また大阪商工会議所5選を目指していた当時、長谷川周重が出馬、両者相打ちとなったことは大阪の財界をキタミナミの真っ二つにした「第2次南北戦争」としてよく知られている。この他、日本航空関西電力朝日放送などの取締役、日野自動車監査役なども務めた。

奈良県奈良市登美ヶ丘にあった自宅は近鉄の出資する財団によって、1994年上村松園上村松篁上村淳之3代の日本画家の作品を展示する松伯美術館となった。また、出身地の愛媛県西条市丹原町には佐伯記念館・郷土資料館が設けられ、遺品などが展示されている。1990年1月、野球殿堂特別表彰。

近鉄を私鉄の日本一に築き上げたが、野球は意のままにならなかった。1969年のドラフト会議で近鉄バファローズから1位指名された甲子園で活躍し人気を得た太田幸司のプロ入りの際、指名の挨拶に佐伯自らが向かうなど最大限の敬意を払って迎えたという。

1974年、近鉄は西本幸雄を監督に迎え、1979年に創立30年目にして初優勝を果たした。また1989年に近鉄は2位オリックスにわずか1厘差での優勝を果たしたが、佐伯が死去した日にはオリックスに3.0ゲーム差をつけられて自力優勝の可能性が消滅していた。当時の仰木彬監督は後日、「(近鉄が優勝したのは)佐伯オーナーが守ってくれたからだ」と述懐している。また、リーグ優勝決定時、TV中継の実況担当だった当時ABCアナウンサーの太田元治は、「天国の佐伯オーナー見てますか!」と絶叫した。

著書[編集]

文献[編集]

関連項目・人物[編集]

外部リンク[編集]

先代:
村上義一
近畿日本鉄道社長
第7代:(1951年 - 1973年
次代:
今里英三