山田真二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
やまだ しんじ
山田 真二
本名 山田 常高
生年月日 (1937-03-25) 1937年3月25日
没年月日 (2007-10-15) 2007年10月15日(70歳没)
出生地 東京府東京市小石川区向ヶ丘弥生町(東京都文京区弥生
死没地 東京都文京区
職業 俳優歌手
配偶者 藤田佳子(離婚)
著名な家族 山田五郎(父)
山田奈々子(姉)

山田 真二(やまだ しんじ、本名:山田 常高(やまだ つねたか)1937年3月25日 - 2007年10月15日)は、日本俳優歌手東京市小石川区向ヶ丘弥生町(東京都文京区弥生)出身[1]東洋音楽学校中退。

父は舞踏家の山田五郎、姉も舞踏家の山田奈々子、妻は大映の女優の藤田佳子だったが、のち離婚[2]

1954年松竹に入社し、同年公開された映画『黒い罌粟』で俳優デビュー[1]。翌年東宝に移り[1]、エキゾチックな甘いマスクの二枚目俳優として人気を集め、中川信夫監督の『夏目漱石の三四郎』、美空ひばり江利チエミ雪村いづみ三人娘と共演した『ジャンケン娘』などに出演。また、共演した雪村いづみの勧めで1956年に発売した『哀愁の街に霧が降る』で歌手としても大ヒットを飛ばし、1959年第10回NHK紅白歌合戦に出場した。

のち芸能界を引退し、六本木で「好きな歌を歌える店」を経営していた[3]

2007年10月15日、間質性肺炎のため東京都文京区の病院で死去。70歳。

2008年3月28日、雪村いづみらが発起人になって偲ぶ会が行われ、梅宮辰夫や『哀愁の街に霧が降る』をカバーした山川豊らが出席した。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

  • 第10回(1959年12月31日、東京宝塚劇場)『娘が口笛吹く時は』

関連人物[編集]

  • 吉田正:(『哀愁の街に霧が降る』の作曲者)
  • 山田奈々子:(ダンサー。実姉)
  • 椎名誠:自伝小説『哀愁の町に霧が降るのだ』の作者
  • 平尾昌晃:平尾をオートレース好きにさせたきっかけを作ったのが当人。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 山田真二 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」コトバンク 2018年7月9日閲覧。
  2. ^ 渡部保子『「映画ファン」スタアの時代』P.261-262
  3. ^ 渡部保子『「映画ファン」スタアの時代』P.262

外部リンク[編集]