夕笛 (舟木一夫の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
夕笛
舟木一夫シングル
B面 さんざしの花咲けば
リリース
規格 ドーナツ盤シングルレコード
ジャンル 歌謡曲
時間
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 作詞:西條八十
作曲:船村徹
舟木一夫 シングル 年表
心こめて愛する人へ
(1967年)
夕笛
(1967年)
センチメンタル・ボーイ
(1967年)
テンプレートを表示

夕笛(ゆうぶえ)は、舟木一夫1967年8月に発売したシングル盤レコードである。

解説[編集]

本作は、1967年に日活で公開された映画『夕笛』の主題歌として制作されたものである。

詩人の西條八十が作詞し、作曲と編曲を船村徹が担当している。本作を制作するにあたっては舟木一夫が西條八十に作詞を依頼したもので、完成当初の題名は『ふるさとの笛』であったものを、舟木が映画及び主題歌の題名としてはいまいち物足りないと考えて自ら『夕笛』という題名を命名、西條八十に題名変更の了解を取ったことを舟木自身が明らかにしている[1]

舟木は第18回NHK紅白歌合戦に5度目の出場を果たした際に、白組トップバッターとして本作を歌唱した。

B面収録の『さんざしの花咲けば』は、安達明がヒットさせた曲ではなく、舟木に書き下ろされた同名異曲の作品である。

収録曲[編集]

  1. 夕笛(SAS-937)
  2. さんざしの花咲けば

脚注[編集]

  1. ^ 『夕笛』(チャンネルNECO)放送に際しての舟木一夫インタビューより。