野村俊夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1949年

野村 俊夫(のむら としお、 1904年11月21日 - 1966年10月27日)は、作詞家詩人)。福島県福島市出身。本名は鈴木喜八。

略歴[編集]

福島県福島市大町の生まれ。近所には作曲家古関裕而が住んでおり、子供の頃はともに遊んだ仲だった。

1924年、20歳の時に福島民友新聞社に入社し、編集部・報道部・文芸欄を担当する。1931年で福島民友新聞社を退社、すでにコロムビア専属作曲家として上京していた古関裕而のすすめで上京する。同年に古関裕而と組んだ初のレコード「福島行進曲」が発売されている。この頃からフリーの作詞家として本格的に活動を開始する。

1939年藤山一郎コロムビア復帰第1作目であった「上海夜曲」のヒットにより、コロムビア専属作詞家となる。

1951年頃からは日本音楽著作権協会の理事も務めていた。また、たいへんな酒豪だったという。

主な作品[編集]

参考文献[編集]

  • 齋藤秀隆 『東京だョおっ母さん―野村俊夫物語』 ISBN 4897575338

関連項目[編集]

注釈・出典[編集]

  1. ^ 「軍隊小唄」のタイトルで替え歌も作られた。1970年には、ザ・ドリフターズが「ほんとにほんとにご苦労さん」のタイトルで歌っている。歌詞はなかにし礼による替え歌である。