野村俊夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1949年

野村 俊夫(のむら としお、1904年11月21日 - 1966年10月27日)は、日本の作詞家詩人福島県福島市出身。本名は鈴木喜八。

略歴[編集]

福島県福島市大町の生まれ。近所には作曲家古関裕而が住んでおり、子供の頃はともに遊んだ仲だった。

1924年、20歳の時に福島民友新聞社に入社し、編集部・報道部・文芸欄を担当する。1931年をもって福島民友新聞社を退社、すでにコロムビア専属作曲家として東京で活動していた古関裕而のすすめで上京する。同年に古関裕而と組んだ初のレコード「福島行進曲」が発売される。この頃からフリーの作詞家として本格的に活動を開始する。

1939年藤山一郎コロムビア復帰第1作目であった「上海夜曲」のヒットにより、コロムビア専属作詞家となる。

1951年頃からは日本音楽著作権協会の理事も務めていた。また、たいへんな酒豪だったという。

主な作品[編集]

  • 1931年「福島行進曲」(作曲:古関裕而、歌:天野喜久代
  • 1938年「音信はないか」(作曲:能代八郎、歌:小野巡
  • 1938年「忠治子守唄」(作曲:服部逸郎、歌:東海林太郎
  • 1939年「ほんとにほんとに御苦労ね」(作曲:倉若晴生、歌:山中みゆき)[1]
  • 1940年「暁に祈る」(作曲:古関裕而、歌:伊藤久男
  • 1943年「索敵行」(作曲:万城目正、歌:伊藤久男霧島昇楠木繁夫
  • 1943年「大空に祈る」(作曲:万城目正、歌:松原操三原純子菊池章子
  • 1944年「あゝ紅の血は燃ゆる」(作曲:明本京静、歌:酒井弘安西愛子
  • 1948年「南のバラ」(作曲:米山正夫、歌:近江俊郎
  • 1948年「湯の町エレジー」(作曲:古賀政男、歌:近江俊郎)
  • 1948年「シベリア・エレジー」(作曲:古賀政男、歌:伊藤久男)
  • 1948年「若き日のエレジー」(作曲:古関裕而、歌:伊藤久男)
  • 1949年「港の恋唄」(作曲:古賀政男、歌:鶴田六郎
  • 1949年「ハバロッスク小唄」(作曲:島田逸平、編曲:米山正夫、歌:近江俊郎、中村耕造
  • 1950年「薔薇と蜜蜂」(作曲:古関裕而、歌:二葉あき子
  • 1951年「青いガス燈」(作曲:古賀政男、歌:岡本敦郎
  • 1952年「夜船の灯り」(作曲:古関裕而、歌:久保幸江
  • 1952年「月が出ている港町」(作曲:米山正夫、歌:青木光一
  • 1953年「岬の灯り」(作曲:古関裕而、歌:伊藤久男)
  • 1953年「元気でねさようなら」(作曲:三界稔、歌:青木光一)
  • 1953年「見ないで頂戴お月さま」(作曲:古賀政男、歌:神楽坂はん子
  • 1954年「湖畔のギター」(作曲:古賀政男、歌:霧島昇
  • 1954年「二十才の青春」(作曲:古賀政男、歌:青木光一)
  • 1954年「月を見ていたら」(作曲:服部逸郎、歌:青木光一)
  • 1954年「元気でね、又逢おう」(作曲:三界稔、歌:青木光一)
  • 1954年「佐賀音頭」(作曲:八州秀章、歌:青木光一、永田とよ子)
  • 1956年「怒涛の男」(作曲:古賀政男、歌:美空ひばり
  • 1956年「どうせ拾った恋だもの」(作曲:船村徹、歌:コロムビア・ローズ)
  • 1956年「メコンの舟歌」(作曲:古関裕而、歌:伊藤久男)
  • 1957年「東京だョおっ母さん」(作曲:船村徹、歌:島倉千代子
  • 1957年「馬喰一代」(作曲:古賀政男、歌:村田英雄
  • 1959年「東京タワー」(作曲:船村徹、歌:美空ひばり)
  • 1960年「他国の雨」(作曲:石毛長二郎、歌:島倉千代子)
  • 1960年「スカイラインの歌(補作)」(作曲:古関裕而、歌:守屋浩
  • 1962年「殺陣師段平」(作曲:船村徹、歌:村田英雄)
  • 1964年「故郷はいつも瞼に」(作曲:古関裕而、歌:不明)

関連項目[編集]

  • エール - 2020年度上期NHK連続テレビ小説。主役の古山裕一(古関裕而がモデル)の幼なじみとして、野村をモデルとした村野鉄男(演・中村蒼)が登場する [2]

脚注[編集]

  1. ^ 「軍隊小唄」のタイトルで替え歌も作られた。1970年には、ザ・ドリフターズが「ほんとにほんとにご苦労さん」のタイトルで歌っている。歌詞はなかにし礼による替え歌である。
  2. ^ 古関裕而幼なじみ作詞家・野村さん長男「父描かれるの楽しみ」 福島民友、2019年11月15日、2019年11月29日閲覧

参考文献[編集]

  • 齋藤秀隆『東京だョおっ母さん―野村俊夫物語』。ISBN 4897575338