二葉百合子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
二葉 百合子
二葉百合子-浪花節一代-番付S37.png
基本情報
出生名 二葉 百合子
別名 大村 百合子(本名)
生誕 (1931-06-23) 1931年6月23日(86歳)
出身地 日本の旗 日本 東京府南綾瀬町堀切
ジャンル 演歌浪曲
職業 歌手浪曲師
活動期間 1934年 - 2011年
レーベル キングレコード

二葉 百合子(ふたば ゆりこ、1931年6月23日 - )は、日本の元演歌歌手浪曲師。日本浪曲協会名誉顧問。本名、大村 百合子[1](おおむら ゆりこ、旧姓・二葉)。

人物[編集]

東京都葛飾区堀切生まれ。浪曲師の父・東若武蔵に師事し、3歳で浪曲師として初舞台。関東節を女流ながらこなす稀な存在として、名を上げる。1957年には『女国定』でレコードデビューし、間奏に浪曲の台詞を入れる「歌謡浪曲」を確立させた。1970年文化庁芸術祭賞優秀賞受賞。事実をもとに作られ、菊池章子が歌ってヒットさせた「岸壁の母」(作詞:藤田まさと、作曲:平川浪竜)を1972年に台詞入りでカヴァーし大ヒットさせたことで特に有名。1976年には同曲で日本レコード大賞の審査員会選奨賞、日本有線大賞の有線ヒット賞を受賞し第27回NHK紅白歌合戦に出場した。他のヒット曲に「九段の母」(戦前の塩まさるのカヴァー)・「関東一本〆」がある。

母物・股旅物を得意とし、和服で純和風な演歌を歌う。母の感情のこもった歌声に涙を誘われる人も多い。その歌声は古稀を過ぎ芸能生活75年を迎えても健在であり、昔と変わらない姿を見せた。

2010年3月17日、記者会見を行い、翌2011年3月の東京公演を最後に現役を引退すると発表[2]。2011年3月6日NHKホールにて最終公演を行い、77年間の芸能生活に終止符を打った[3]。今後は後進の育成に携わる。

2014年3月29日にNHK放送された『第20回家族で選ぶにっぽんの歌』にて引退から3年ぶりに一夜限りの復活を果たし、翌年の2015年8月8日にNHKで放送された『思い出のメロディー』にて2度目の復活を果たした。

テレビ番組[編集]

他、数々の歌番組に出演。

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1976年(昭和51年)/第27回 岸壁の母 20/24 加山雄三
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

弟子[編集]

かつての弟子[編集]

受賞[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚註[編集]