芸術選奨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
芸術選奨文部大臣賞から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

芸術選奨(げいじゅつせんしょう)は、文化庁[注 1]主催の芸術家顕彰制度。1950年昭和25年)度発足。

各年度毎に芸術各分野において優れた業績をあげた人物に対し「芸術選奨文部科学大臣賞」が、またその業績により新生面を開いた人物に対し「芸術選奨文部科学大臣新人賞」が贈られる。

概要[編集]

1950年文化庁芸術祭から分離される形で「芸能選奨」(げいのうせんしょう)として設立された。1956年に現在の名称に改められた。

芸術分野をいくつかの部門に分けて、それらの分野において顕著な活躍を見せた人物には「芸術選奨文部科学大臣賞[注 2]、また同じくそれらの分野において新興勢力として活躍が認められた人物には「芸術選奨文部科学大臣新人賞[注 3](1968年から)がそれぞれ贈呈される。(芸術選奨新人賞

対象部門は時代とともに変遷し、2009年現在、演劇、映画、音楽、舞踊、文学、美術、放送、大衆芸能、芸術振興(2004年から)、評論等、メディア芸術(2008年から。メディアアート、漫画、アニメなど)の11部門が対象となる。

毎年3月中旬に受賞者が発表され、下旬に授賞式が行われる。

受賞者[編集]

芸術選奨文部科学大臣賞[編集]

芸能選奨時代[編集]

斜体は没後の受賞。年数は受賞年であり、対象年度はその前年。
第1回 (1951年)[編集]
第2回 (1952年)[編集]
第3回 (1953年)[編集]
第4回 (1954年)[編集]
第5回 (1955年)[編集]
第6回 (1956年)[編集]
  • 福田恆存 - 『ハムレット』の新訳並びにシェイクスピア劇の新解釈による演出
  • 久松静児 - 『警察日記』その他の演出の功績
  • 早坂文雄 - 『楊貴妃』その他の日本の映画音楽に貢献
  • 島田広 - 創作バレエ『令嬢ジュリー』の脚色・演出・振付
  • 椎名麟三 - 『美しい女』その他の作品活動
  • 鳥海青児 - 油絵『家並み』、『顔をかくす女』など
  • 木村伊兵衛 - 海外に取材した作品展などの写真芸術活動
  • 野澤喜左衛門 - 『瓜子姫とあまんじゃく』の作曲および文楽三味線の名手としての業績
  • 吉田精一 - 『自然主義の研究』などの評論および『現代文学論体系』の編集などによる日本文学研究への貢献
  • 吉田幸三郎 - 古典芸能の保存・育成ならびに能・狂言の創造活動
第7回 (1957年)[編集]
  • 秋庭太郎 - 『日本新劇史』上・下巻
  • 三浦光雄 - 『白夫人と妖恋』、『猫と庄造と二人のおんな』など三十余年にわたる映画撮影活動
  • 岡本文弥 - 邦楽新内『風と共に去りぬ』、『耳なし芳一』などの新作発表ならびに多年の活動
  • 吾妻徳穂 - 歌舞伎舞踊の芸術性を広く海外に紹介した功績
  • 石川淳 - 小説『紫苑物語』
  • 福沢一郎 - メキシコ南米を巡り、その総決算たる作品展により画壇に新風を送った功績ならびに美術界に対する多年の貢献
  • 吉阪隆正 - ベニス・ビエンナーレ展覧会日本館の建築
  • 桐竹紋十郎 - 人形浄瑠璃『瓜子姫とあまんじゃく』、『常盤御前』の演技と多年にわたる文楽三和会における活動
  • 臼井吉見 - 著作『近代文学論争』上巻
  • 映画『カラコルム』の撮影技術団 - 記録映画芸術の活動振興に貢献

芸術選奨時代[編集]

*年数は受賞年であり、対象年度はその前年。
1950年代・1960年代[編集]
1970年代[編集]
1980年代[編集]
1990年代[編集]
2000年代[編集]
2010年代[編集]

芸術選奨文部科学大臣新人賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 第18回まで文部省
  2. ^ 2000年(第50回)までは「芸術選奨文部大臣賞
  3. ^ 2000年(第50回)までは「芸術選奨文部大臣新人賞

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]