母 (1963年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
監督 新藤兼人
脚本 新藤兼人
原作 新藤兼人
製作 絲屋寿雄
能登節雄
湊保
松浦栄策
出演者 乙羽信子
杉村春子
殿山泰司
高橋幸治
頭師佳孝
小川真由美
武智鉄二
音楽 林光
撮影 黒田清巳
編集 榎寿雄
製作会社 近代映画協会
公開 日本の旗 1963年11月8日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

』(はは)は、1963年11月8日日本で公開された映画。なお、題字は岡本太郎が担当している。

ストーリー[編集]

吉田民子(乙羽信子)は三十二歳。最初の夫は戦死、二度目の夫とも別れ八歳の利夫(頭師佳孝)をつれて家を飛び出した。しかし民子が愛情を一心に注ぐ利夫を病魔が襲う。脳腫瘍、手術をしなければ盲目になるという。母の芳枝(杉村春子)に手術代を無心するがつれなく断られ、印刷屋の田島(殿山泰司)と三度目の結婚。男は母子に優しく、二人を励ました。しかし病魔は容赦せず、再び利夫は入院。田島の「一日でも長く生かせてやりたい」という言葉に心を打たれる民子であった、、、。戦後のヒロシマを舞台に逆境の中から愛に目覚め、新たなる生命を育んでいくひとりの女の生き方を感動的に謳いあげる。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  • 『新藤兼人の足跡』 著作集全6巻、岩波書店