春琴抄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
春琴抄
The Story of Shunkin
著者 谷崎潤一郎
イラスト 装幀:谷崎潤一郎
発行日 1933年12月
発行元 創元社
ジャンル 中編小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本漆塗り
公式サイト [1]
コード NCID BA31733768
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

春琴抄』(しゅんきんしょう)は、谷崎潤一郎による中編小説盲目三味線奏者・春琴に丁稚の佐助が献身的に仕えていく物語の中で、マゾヒズムを超越した本質的な耽美主義を描く。句読点や改行を大胆に省略した独自の文体が特徴。谷崎の代表作の一つで、映像化が多くなされている作品でもある。

1933年(昭和8年)6月、『中央公論』に発表された[1]。単行本は同年12月に創元社より刊行された[2]

あらすじ[ソースを編集]

物語は「鵙屋春琴伝」という一冊の書物を手にした「私」が、春琴の墓と、その横に小さくある佐助の墓を参り、2人の奇縁を語り始めるモノローグで始まる。

大阪道修町薬種商鵙屋の次女、春琴(本名は琴)は9歳の頃に眼病により失明して音曲を学ぶようになった。春琴の身の回りの世話をしていた丁稚の佐助もまた三味線を学ぶようになり、春琴の弟子となる。わがままに育った春琴の相手をさせようという両親の思惑とは裏腹に、春琴は佐助が泣き出すような激しい稽古をつけるのだった。やがて、春琴が妊娠していることが発覚するが、春琴も佐助も関係を否定し、結婚も断る。結局、春琴は佐助そっくりの子供を出産した末に里子に出した。

やがて春琴は20歳になり、師匠の死を期に三味線奏者として独立した。佐助もまた弟子兼世話係として同行し、我が儘がつのる春琴の衣食住の世話をした。春琴の腕前は一流として広く知られるようになったが、種々の贅沢のために財政は苦しかった。

そんな中、春琴の美貌が目当てで弟子になっていた利太郎という名家の息子が春琴を梅見に誘って口説こうとするが、春琴は利太郎を袖にしたあげく、稽古の仕置きで額にケガをさせてしまう。その一か月半後、何者かが春琴の屋敷に侵入して春琴の顔に熱湯を浴びせ、大きな火傷を負わせる。

春琴はただれた自分の顔を見せることを嫌がり、佐助を近づけようとしない。春琴を思う佐助は自ら両眼をで突き、失明した上でその後も春琴に仕えた。佐助は自らも琴の師匠となり、温井(ぬくい)琴台を名乗ることを許されたが、相変わらず結婚はせずに春琴の身の回りの世話を続けた。

春琴は明治19年に脚気で亡くなり、佐助もまた、その21年後の明治40年に亡くなった。

文体[ソースを編集]

春琴抄は、改行句読点鈎括弧などの記号文字を極力使わない特徴的かつ実験的な文体で書かれており、新潮文庫版で10行近く句点がない事も珍しくなく、文章の区切りとして数ページ毎に空行がある他は、作中で一度も改行を使っていない。

通常なら明らかに句点を必要とする場所でも句点を使わずに書いてある事も多く、例えば「…した。すると…」とか「…であろう。最初は…」といった場所が「…したすると…」とか「…であろう最初は…」となっている。

映画[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

フジテレビ シオノギテレビ劇場1965年10月7日 - 10月14日
前番組 番組名 次番組
春琴抄
フジテレビ 木曜22:00 - 22:45枠
春琴抄
(これより「シオノギテレビ劇場」)
戸田家の兄妹

舞台[ソースを編集]

オペラ[ソースを編集]

テレビアニメ[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「谷崎潤一郎作品案内」(夢ムック 2015, pp. 245-261)
  2. ^ 「主要著作目録」(アルバム谷崎 1985, p. 111)

参考文献[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]