裸の十九才

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
裸の十九才
監督 新藤兼人
脚本 新藤兼人
松田昭三
関功
製作 絲屋寿雄
能登節雄
桑原一雄
ナレーター 宇野重吉
音楽 林光
小山恭弘
撮影 黒田清巳
高尾清照
編集 榎寿男
製作会社 近代映画協会
配給 東宝
公開 1970年10月31日
上映時間 117分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

裸の十九才』(はだかのじゅうきゅうさい)は、1970年に公開された近代映画協会製作の日本映画である。監督は新藤兼人1968年に発生した永山則夫連続射殺事件を題材に取っており、当時新人だった原田大二郎が主演している。また、モスクワ国際映画祭金賞を受賞している。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

外部リンク[編集]