観世清和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

観世 清和(かんぜ きよかず、1959年(昭和34年)5月21日 - )は、シテ方観世流能楽師。二十六世観世宗家で当代。

観世元正の長男。東京都出身[1]。父に師事し、1964年4歳の時「鞍馬天狗」花見で初舞台。東京芸術大学音楽学部邦楽科別科を卒業。1990年9月家元継承。1995年「松浦佐用姫」「鵜羽」を復曲。1995年度芸術選奨新人賞受賞。1983年のフランスをはじめ、アメリカ、インド、中国など海外公演に多数参加。フランス芸術・文化勲章シュヴァリエ受章。2013年、芸術選奨文部科学大臣賞[2]、第33回伝統文化ポーラ賞大賞受賞。2014年1月、観世清河寿に改名、一年で元に戻す[3]。2015年春の褒章で紫綬褒章を受章。

社団法人日本能楽会常務理事。財団法人観世文庫理事長。社団法人観世会理事長。弟に山階弥右衛門観世芳伸

著書[編集]

編著共著[編集]

監修[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.539
  2. ^ 平成24年度芸術選奨 受賞者及び贈賞理由”. 文化庁 (2012年). 2013年5月12日閲覧。
  3. ^ 一般財団法人観世文庫/一般社団法人観世会共同運営公式サイト。2015年2月5日時点では「観世清和」と表記されている。