小堀進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小堀 進(こぼり すすむ、1904年1月22日 - 1975年3月16日)は、茨城県出身の水彩画家である。水彩連盟の設立メンバー。水彩画家として初めて日本芸術院会員となる。潮来市名誉市民。

郷里の霞ヶ浦水郷をはじめとした国内外各地の風景を、鮮やかな色彩と単純化した大胆な構図でダイナミックに描き、水彩画界の発展に大きな影響を与えた。

略歴[編集]

代表作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1969年4月9日(東京本社発行)朝刊、14頁。