千葉県立佐原高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
千葉県立佐原高等学校
Sawara-high-school,katori-city,japan.JPG
過去の名称 千葉縣佐原中學校
千葉縣立佐原中學校
千葉県立佐原第一高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 千葉県の旗 千葉県
校訓 質実剛健・文武両道
設立年月日 1900年4月10日
創立記念日 12月2日
共学・別学 男女共学
課程 全日制・定時制
単位制・学年制 学年制(全日制)
単位制(定時制)
設置学科 普通科
理数科(全日制)
学期 2学期制
高校コード 12144E
所在地 287-0003
千葉県香取市佐原イ2685

北緯35度53分17.1秒 東経140度30分18.9秒 / 北緯35.888083度 東経140.505250度 / 35.888083; 140.505250座標: 北緯35度53分17.1秒 東経140度30分18.9秒 / 北緯35.888083度 東経140.505250度 / 35.888083; 140.505250
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
千葉県立佐原高等学校の位置(千葉県内)
千葉県立佐原高等学校

千葉県立佐原高等学校(ちばけんりつ さわらこうとうがっこう)は、千葉県香取市佐原イにある県立高等学校

概要[編集]

校訓は質実剛健文武両道

佐原高等学校の一般的な略称は「佐高」(さこう)であるが、一部の年輩層の間では1950年昭和25年)から1961年(昭和36年)までの同校の名称である『千葉県立佐原第一高等学校』の略称、「佐原一高」やさらに短縮した「一高」という略称が用いられることがある。

全日制普通科の通学区は第5学区(香取市、東庄町銚子市旭市匝瑳市多古町神崎町であり、第4学区・第6学区および茨城県旧第3学区からの入学も可能であるため、茨城県からの越境通学が多い。

設置学科[編集]

沿革[編集]

かつての正門(1958年頃)
1958年頃の学校敷地全景

1900年明治33年)、千葉縣佐原中學校として開校。大多喜中學、銚子中學、千葉中學木更津分校佐倉中學成東分校と同時の開校で、千葉県の公立中学としては千葉中學佐倉中學に次ぐ3校目であった。当時の佐原は千葉県内でも有数の都市だった上に、商家が多く、初等教育の必要性が高かったことが早期の中学設置の理由として挙げられる[1]。開校に当たっての経費は町債で6000円をまかなったが、他に町民からの寄付もあった[2]。始めは佐原町(当時)の法界寺を仮校舎としたが、同年9月に現校地に移った。

戦後は1948年昭和23年)から千葉県立佐原高等学校として新たなスタートを切った。そして同年に定時制が開校し、7月から授業を行った[3]。定時制は当初昼間制で、全日制と同じ時間に週3日6時間制授業を行っていたが、1950年(昭和25年)から現在のような夜間制となった。

1950年(昭和25年)に小御門農業高等学校と統合し、佐原第一高校と校名を改めたが、1961年(昭和36年)に再び佐原高校に戻り、今に至っている(小御門農業高校は1956年に下総農業高校として独立。現在の千葉県立下総高等学校である)。

  • 1900年明治33年)2月 - 千葉縣佐原中學校設置の公示
  • 1901年(明治34年) - 千葉縣立佐原中學校と校名改称
  • 1948年昭和23年) - 千葉県立佐原高等学校と校名改称・定時制の課程普通科を設置
  • 1950年(昭和25年) - 千葉県立佐原第一高等学校と校名改称・定時制を昼間制から夜間制とする
  • 1956年(昭和31年) - 小御門農業高校が分離独立
  • 1961年(昭和36年) - 千葉県立佐原高等学校と校名改称
  • 1969年(昭和44年) - 全日制に理数科設置
  • 2000年平成12年) - 創立100周年記念式典挙行
  • 2002年(平成14年) - 前・後期の2学期制導入
  • 2003年(平成15年) - 進学指導重点校に指定される

校風[編集]

2003年(平成15年)より千葉県は「特色ある学校づくり」を推進するために、進学指導重点校として佐原高等学校を含め5つの高校を指定した。 これにより今まで以上に進学指導に力を入れ、進学指導の基本を充実させた授業や定期的に行われる各種のテスト、学期中や長期休業中の補習、さらにロングホームルームの利用や総合的な学習の時間の活用、大学模擬授業、進路セミナー、個別面談などにより多くの国公立大や難関私大への進学を実現させている。

文武両道を掲げており部活動加入者も多く、学校活動も大変盛り上がりをみせる。

基礎データ[編集]

交通[編集]

校歌・応援歌[編集]

校歌

また、旧制中学時代には、以下のふたつの校歌が作られた。

1941年(昭和16年)の校歌制定は、当時の鈴木荘三校長の意向によるところが大きい[4]。1941年(昭和16年)から1945年(昭和20年)までは本校歌を第一校歌、1928年(昭和3年)制定の校歌を第二校歌としたが、戦後はどちらも歌われなくなった。

応援歌

  • 第一応援歌
    東京高等師範の歌が変化したもの[5]
  • 第二応援歌 (作詞合作:野平藤雄・長谷部徹・松村五郎、校閲:寺本善一郎)
    作詞者は当時の旧制佐原中学生徒で、校閲は当時の国語教師。作曲は不詳だが、第一応援歌と同じく上級学校からとったものと推定されている[6]

どちらも大正時代後半ごろから歌われるようになった。ただし、現在歌われるのは専ら第二応援歌であり、第一応援歌を耳にする機会はほとんど無い。

また、同窓会総会で歌われるのは校歌ではなく第二応援歌である[1]。これは、第二応援歌の歴史が現校歌よりも古く、旧制中学時代、あるいは新制高校でも校歌が無かった時代(1955年以前)の卒業生にも親しまれているからである。

校章・校旗[編集]

校章
1902年(明治35年)の佐中内規に、「五角矢根ノ中ニ中ノ字。矢根ハ金色。中ノ字銀色」とある。5つの矢根(ヤノネと読む。のこと)が、剛健尚武の校風を表している。

1948年(昭和23年)、新制高校となるにあたって、中の字を高に変えると共に全体を星型に近い形状にデザインし直した。文化祭の名称である「星輝祭」の名は、この形からつけられている[7]

校旗
1928年、旧制中学の25期生が卒業記念として校旗の寄贈を計画していたが、学校には製作年不明の旗(紫地に金糸で校章を刺繍)が既に存在しており、これを正式に校旗として制定する事とし、代わりに校歌を寄贈する事になった[8]1949年3月3日に行なわれた新制高校第1回卒業式で卒業生から旧制時代の校旗の校章部分を縫い直した校旗が寄贈され制定式が行なわれた[9]。その後1954年に卒業生から2代目の校旗が寄贈されている[10]。現行の校旗が制定されたのは1997年の事で、3月10日に行なわれた卒業式で初披露された[11]

在校生の居住地・出身中学校[編集]

2017年5月1日時点の全日制の在校生(966名)の居住地を自治体別に分類すると以下の通りである。

主な出身中学校別の生徒数では、香取市立佐原中学校が105名、小見川中学校が86名、東庄町立東庄中学校から42名、香取市立山田中学校の41名、神崎町立神崎中学校から33名、香取市立佐原第五中学校から32名、香取中学校が31名、成田市立成田中学校鹿嶋市立鹿島中学校の両校が30名、神栖市立神栖第二中学校から28名、鹿嶋市立鹿野中学校から27名となっている。[12]

定時制の在校生(55名)については香取市が24名、稲敷市が12名、成田市が8名、神栖市と潮来市が各3名、東庄町・多古町・銚子市・富里市・鹿嶋市から各1名の生徒が在籍している。[13]

年間行事[編集]

全日制[編集]

  • 入学式
  • 星輝祭文化祭
    1949年(昭和24年)から開催[14]1958年(昭和33年) - 1974年(昭和49年)は、「学校祭」学芸の部として開催されていた[15]。その後1975年(昭和50年)に文化祭として独立。1997年平成9年)に「星輝祭」という名が作られ、1999年(平成11年)から正式に文化祭の名称となった[16]
    秋(9月ごろ)開催の時代が長く続いた[17]が、現在は6月終わり頃、2日間にわたって開催される(2日目が一般公開)。
    企画運営は、有志の星輝祭実行委員会によって行われている。
  • スポーツ大会
    1948年(昭和23年)から「運動会」として行われたのが始まり[18]。>。1958年(昭和33年) - 1974年(昭和49年)は文化祭と統合し、「学校祭」運動の部として開催されていた。
    1975年(昭和50年)から現在のようにスポーツ大会として独立した[19]
    2日間にわたって行われ、クラス対抗でリレー、長縄飛びなどを行い順位を競う。
  • 修学旅行(2年)
    3泊4日、京都・奈良方面
    1,2日目:クラス別行動、3日目:班別行動、4日目:クラス別行動
    修学旅行自体は1901年(明治34年)から存在した[20]が、関西地区へ行くようになったのは1913年大正2年)の最上級生が最初である(それ以前は日光・足尾)[21]。戦中戦後の一時期は中止となったが、1950年(昭和25年)から本格的に復活した。秋開催が定着したのは1958年(昭和33年)からである(それ以前は不定)。班別行動は1972年(昭和47年)から取り入れられている[22]
  • 佐高OB夢授業
    佐原高等学校の卒業生が来校し、それぞれの専門分野の授業を行う。"魅力ある高等学校づくりチャレンジ支援事業"として2005年(平成17年)より毎年実施されている。
  • 予餞会
  • 卒業式

模試

定時制[編集]

  • 入学式
  • 全校遠足
  • 星輝祭
    全日制の行事に作品展示として参加
  • スポーツ大会
  • 修学旅行
    2006年度(平成18年度)は沖縄への旅行を行った(学校案内より)。
  • 卒業式(全日制と共同)

部活動[編集]

  • 運動部
  • 文化部

  

生徒会[編集]

開校の年に発足した「校友会」が起源とされている[23]。新制高校となった1948年(昭和23年)からは「生徒自治会」として再発足し、翌年「生徒会」と名が改められた[24]

現在の本部役員は会長、副会長、書記、会計から成り、1期1年である(1995年までは1期半年)。他に、各委員会が存在する。年に1回生徒大会を開き、決算報告と予算の承認を行う[25]。 また、次の冊子を毎年発行している。

  • 仁風』 :1968年(昭和43年)創刊。クラス紹介、部活動・委員会紹介など。命名は旧制佐原中学卒業生の橋本登美三郎によるもので、「仁徳と教化、めぐみの風」という意[26]。以前は同様の冊子として、「生徒会要覧(1950~1954年)」、「道標(1964~1967年)」が存在した[27]
  • 雄仁』 :1999年(平成11年)創刊。部活動の大会結果などの報告。命名は当時の生徒・教職員から公募し、投票で決定した。「雄姿を仁風に乗せて、みんなに贈る」という意[28]

施設[編集]

  • 普通教室棟
    鉄筋コンクリート3階建て 総面積3383平方メートル
    現在の建物は1963年(昭和38年)に改築された(それ以前は創立時に建てられた校舎を使用していた)[29]
    1983年(昭和58年)に一部増築している。
  • 特別教室棟
    鉄筋コンクリート4階建て 総面積4759平方メートル
    1969年(昭和44年)築。1996年(平成8年)に改修工事を行った。特別教室、全日制職員室、図書館などから成る。
    普通教室棟とは2階の連絡通路でつながっている。

その他、体育館(1967年改築)、給食棟(1969年築、主に定時制生徒の給食場所)、武道館(1971年改築、柔道場・剣道場)、プール(1972年築)、合宿所(1987年築)、刀水館(2001年築、セミナーハウス)などがある[30]

上記の通り、現在の建物は大半が1963年(昭和38年) - 1972年(昭和47年)の10年間に建てられた。改築前は旧制中学時代に建てられた施設を使用していたが、元々大きな施設ではなかった[31]ため、生徒数の増加により手狭になり、老朽化も進んでいた。そのためこの時期に全面的に新改築が行われたのである[32]

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『佐原高等学校百年史』pp.56-57
  2. ^ 「千葉縣敎育史 巻三」(千葉縣敎育會、青史社、1979、pp.766-770 原本は1939年)に、「其の子弟の敎育に於ても亦注意の誠に厚きを見る。會々本縣に中學校を增設する計畫あるや、本郡の有志は奮つて巨額の財と土地とを提供し其の事業を翼けたので、多数の競爭を排除して遂に本校の設置を見たので、本郡有志者の力に負ふこと亦頗る多きを見るのである。」と記されている。
  3. ^ 『佐原高等学校百年史』pp.474-476
  4. ^ 『佐原高等学校百年史』pp.519-520
  5. ^ 『佐原高等学校百年史』p521
  6. ^ 『佐原高等学校百年史』p521
  7. ^ 『佐原高等学校百年史』p600
  8. ^ 『佐原高等学校百年史』p.226
  9. ^ 『佐原高等学校百年史』pp.18-19
  10. ^ 『佐原高等学校百年史』p.23
  11. ^ 『佐原高等学校百年史』p.39
  12. ^ 千葉県立佐原高等学校『平成29年度 学校要覧』pp.16-17 2017年
  13. ^ 千葉県立佐原高等学校『平成29年度 学校要覧』p.29 2017年
  14. ^ 『佐原高等学校百年史』p415
  15. ^ 『佐原高等学校百年史』p420
  16. ^ 『佐原高等学校百年史』p600
  17. ^ 『佐原高等学校百年史』p599 1949年から1994年まで、9月または10月上旬の開催であった。
  18. ^ 『佐原高等学校百年史』p415
  19. ^ 『佐原高等学校百年史』p467
  20. ^ 『佐原高等学校百年史』p125
  21. ^ 『佐原高等学校百年史』p125,176
  22. ^ 『佐原高等学校百年史』pp.468-470
  23. ^ 『佐原高等学校百年史』p594
  24. ^ 『佐原高等学校百年史』pp.342-343
  25. ^ 『佐原高等学校百年史』p598
  26. ^ 『佐原高等学校百年史』p601
  27. ^ 『佐原高等学校百年史』p458
  28. ^ 『佐原高等学校百年史』p602
  29. ^ 『佐原高等学校百年史』p94,432-433
  30. ^ 『佐原高等学校百年史』pp.435-441
  31. ^ 旧制中学時代の設備については『佐原高等学校百年史』p95にやや詳細な記述あり。当時は佐原中を含む5校が同時に創立したため、県は1校に多額の予算はつけられなかったことも原因であると推定している。
  32. ^ 『佐原高等学校百年史』p434
  33. ^ 『佐原高等学校百年史』p.216
  34. ^ 『佐原高等学校百年史』p.216
  35. ^ 『佐原高等学校百年史』p.216

参考文献[編集]

  • 『佐原高等学校百年史』(千葉県立佐原高等学校創立百周年記念事業実行委員会)2001年発行
    本項の歴史関係の記述はほぼすべて本書による。なお、他に作られた記念誌としては、「創立六十周年本館改築記念誌」および「八十年のあゆみ」がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]