北川芳男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北川 芳男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県佐原市
生年月日 (1932-10-18) 1932年10月18日(88歳)
身長
体重
180 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1959年
初出場 1959年
最終出場 1965年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

北川 芳男(きたがわ よしお、1932年10月18日 - )は、千葉県佐原市出身の元プロ野球選手投手)・コーチ解説者

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

佐原一高卒業後、日本ビールに入社。エースとして都市対抗の常連となる。1956年産業対抗では決勝に進出、熊谷組を無失点に抑え好投するが、9回裏サヨナラ負けを喫する。同大会では敢闘賞を獲得した[1]。同年の第2回世界野球大会に社会人野球日本代表として出場[2]1958年都市対抗では3勝を挙げて準決勝に進出するが、日本石油に惜敗[2]

プロ入り後[編集]

1959年国鉄スワローズへ入団すると、1年目から主力投手として活躍。18勝20敗・防御率2.51の好成績をマークし、桑田武大洋)・村山実大阪)らと激しい新人王争いを演じた(同年の新人王は桑田)。

1960年(2年目)は4勝に終わった。

1961年には開幕投手を務め、15勝をマークして復活。球団史上初のAクラス入りに貢献し、防御率もリーグ2位の1.90をマーク。

1963年宮本敏雄高林恒夫との交換トレードで読売ジャイアンツに移籍。トレードの理由は、長嶋茂雄王貞治が4年間で北川から1本のホームランも打っていなかったからと言われる。移籍1年目に11勝を挙げ、同年のリーグ優勝・日本一に貢献。コーチ兼任となった1966年は一軍で登板できず、同年に現役を引退した。

引退後[編集]

巨人に残り1967年から1969年まで二軍投手コーチ、1972年から1973年まで近鉄バファローズ二軍投手コーチを経て、日本短波放送たんぱストレートナイター解説者も務めた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1959 国鉄 54 37 17 5 3 18 20 -- -- .474 1283 322.2 274 16 52 5 8 154 2 1 110 90 2.51 1.01
1960 37 17 2 0 0 4 7 -- -- .364 539 133.2 123 9 31 4 2 55 1 0 49 39 2.63 1.15
1961 49 29 10 1 6 15 15 -- -- .500 934 241.1 192 7 37 8 4 98 3 0 64 51 1.90 0.95
1962 37 25 9 5 1 9 10 -- -- .474 708 175.0 153 7 41 1 4 74 2 0 51 43 2.21 1.11
1963 巨人 35 23 6 2 2 11 7 -- -- .611 682 172.1 151 11 26 5 3 52 0 0 56 47 2.45 1.03
1964 38 13 2 1 1 8 5 -- -- .615 528 130.1 127 15 31 3 4 35 0 0 52 47 3.25 1.21
1965 40 4 0 0 0 3 3 -- -- .500 336 83.0 86 5 10 1 1 18 0 0 37 27 2.93 1.16
通算:7年 290 148 46 14 13 68 67 -- -- .504 5010 1258.1 1106 70 228 27 26 486 8 1 419 344 2.46 1.06
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 20 (1959年 - 1966年)
  • 80 (1967年 - 1969年)
  • 63 (1972年 - 1973年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「日本社会人野球協会十年の歩み」日本社会人野球協会 1959年
  2. ^ a b 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]