小松耕輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小松耕輔
出生名 小松耕輔
別名 小松玉巌
生誕 (1884-12-14) 1884年12月14日
出身地 日本の旗 日本 秋田県由利郡玉米村[1]
死没 (1966-02-03) 1966年2月3日(満81歳没)
学歴 東京音楽学校卒業
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家教育家評論家

小松 耕輔(こまつ こうすけ、1884年12月14日 - 1966年2月3日[1])は明治 - 昭和期の日本作曲家教育家評論家秋田県由利郡東由利町生まれ。東京音楽学校卒。号は玉巌(ぎょくがん)。

経歴[編集]

1901年に上京して東京音楽学校選科に入学。1903年に同校本科に進み、幸田延にヴァイオリンを、ヘルマン・ハイドリヒにピアノと作曲を、ノエル・ペリーに和声法を師事。1906年同校を卒業し、研究科でアウグスト・ユンケルに声楽を師事。1920年にはパリ音楽院作曲科に留学し、シャルル=マリー・ヴィドールポール・フォーシェポール・ヴィダルヴァンサン・ダンディに作曲を師事した[1]

国民音楽協会を設立し、日本で初めて合唱コンクールを開催するなど、合唱活動に尽力した。また、学習院大学お茶の水女子大学東邦音楽短期大学教授、東洋音楽短期大学講師などを歴任するとともに、大日本音楽著作権協会(現・JASRAC)理事として著作権擁護に尽力した。

作曲家としては「母」「芭蕉」など、歌曲を中心に手がけた。

1978年10月4日、出生地である東由利町立東由利中学校校庭に「小松耕輔音楽顕彰碑」が建立された。

弟に作曲家の小松平五郎、音楽家で仏文学者の小松清がいる。

主な作品[編集]

器楽曲[編集]

ピアノ独奏曲[編集]

  • 鬼火
  • 高原の夜曲
  • 奏鳴曲 ト長調

歌劇[編集]

  • 羽衣
  • 霊鐘

歌曲[編集]

  • 芭蕉
  • 泊り船
  • 沙羅の木
  • 砂丘の上
  • 赤い夕日
  • 垣の壊れ

童謡[編集]

  • 電車
  • お山の細みち

合唱曲[編集]

  • 哀歌

校歌[編集]

著書[編集]

  • 『歌劇羽衣』修文館 1906
  • 明治天皇皇太后陛下御詠唱歌集』十字屋楽器店 1913
  • 『西洋音楽の知識』アルス 1920
  • 『象牙の笛 小唄楽譜』アルス 1920
  • 『沙羅の木 小松耕輔作曲集』アルス 1922
  • 『世界音楽遍路』アルス 1924
  • 『小夜曲 抒情楽譜』アルス 1926
  • 『童謡作曲法』アルス 1926
  • 『音楽と民衆』蘆田書店 1927
  • 『現代仏蘭西音楽』アルス 1927
    • 『現代フランス音楽』音楽之友社 1950
  • 『西洋音楽史』イデア書院 児童図書館叢書 1929
  • 『楽譜の見方』誠文堂文庫 1932
  • 『現代音楽の奔流』春秋社 1935
  • ヴァーグナー 楽聖伝記叢書』共益商社 1936
    • 世界音楽家伝記叢書 全音楽譜出版社 1948
  • 『西洋音楽史綱要』共益商社 1936
  • モーツアルト 楽聖伝記叢書』共益商社書店 1937
  • ドビュッシー 楽聖伝記叢書』共益商社 1938
    • 世界音楽家伝記叢書 全音楽譜出版社 1948
  • ショパン 楽聖伝記叢書』共益商社、1939
    • 世界音楽家伝記叢書 全音楽譜出版社 1947
  • 『音楽通論』共益商社、1943 のち全音楽譜出版社 1948
  • 『国民学校教師の為の音楽理論と和声学』共益商社書店 1942
  • 『和声学』春秋社 1942
  • ベルリオーズ』世界音楽家伝記叢書 全音楽譜出版社 1947
  • 『音楽史の教え方』音楽之友社 1948 新音楽教育叢書
  • シューベルト』世界音楽家伝記叢書 全音楽譜出版社 1948
  • 『西洋音楽史』革新社 1946
  • バッハ』世界音楽家伝記叢書 全音楽譜出版社 1949
  • ベートーヴェン』全音楽譜出版社 1949
  • 『音楽の歴史』東洋館出版社 1951
  • 『音楽の花ひらく頃 わが思い出の楽壇』音楽之友社・音楽文庫 1952
    • 『わが思い出の楽壇』音楽之友社 1961
  • 『小松耕輔作曲選集 第1集』牛山充等編 小松耕輔作曲選集刊行会 1956
  • 『懐しのメロディー 音楽家の回想』文芸春秋新社 1957
  • 『小松耕輔作曲選集 第2集』堀内敬三井上武士小出浩平編 小松耕輔作曲選集刊行会 1966

共著・編著[編集]

  • 『最新ピアノ教科書』編 三木楽器店 1912
  • 『中等唱歌名曲集』編 目黒書店 1929
  • 『世界音楽全集 第11巻 日本童謡曲集 第1』編 春秋社 1930
  • 『新日本小学唱歌』成田為三共編 宝文館 1931-1932
  • 『ピアノ教則本 誰にもひけるピアノの弾き方』小松平五郎共著 春陽堂 1933 児童音楽叢書
  • 『思ひ出のメロディー 楽聖逸話集』萩原英一共編 共益商社書店 1935
  • 『日本愛國唱歌集』編著 アルス 1940 新日本兒童文庫
  • 『日本歌曲全集 小松耕輔・本居長世・梁田貞・中山晋平』畑中良輔監修 音楽之友社 1993

翻訳[編集]

  • ヘンリイ・エドワァド・クレエビイル『音楽の聴きかた』目黒書店 1920
  • クレエビイル『西洋音楽の聴き方』アルス 1924
  • ジュール・マスネ『わが思ひ出』共益商社書店 1924
  • レイナルド・アーン『声楽講話』春秋社 1931
  • ヴァンサン・ダンディ『ベートーヴェン 楽聖伝記叢書』共益商社書店 1935 のち音楽之友社音楽文庫
  • ウーヂェーヌ・ウェイス『機械音楽の理論と構造』秋山峰三郎共訳 共益商社書店 1935
  • アンリ・ラヴォア2世『フランス音楽史』フェルナン・ロビノー校訂増補 小松清共訳 音楽之友社 1958

脚註[編集]

  1. ^ a b c 細川周平片山杜秀 監修 『日本の作曲家 近現代音楽人名事典』 日外アソシエーツ2008年、285-286頁。ISBN 978-4-8169-2119-3