ポール・フォーシェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ポール・ロベール・マルセル・フォーシェPaul Robert Marcel Fauchet1881年6月27日 - 1937年11月12日)は、フランス作曲家オルガニスト

来歴[編集]

パリで生まれ、パリ音楽院アレクサンドル・ギルマンポール・ヴィダルに学んだ。1904年対位法フーガプルミエ・プリを得て卒業した後、ヴィダルの助手を務め、やがて和声科クラスを受け持った。生徒には池内友次郎ジャック・ド・ラ・プレルマルセル・ランドスキレイモン・ルシュールピエール・デュポンらがいる。

1910年にパリのサン・ピエール・ド・シャイヨ大聖堂の楽長になり、またヴェルサイユノートルダム教会第一次大戦中はオーブ県バール=シュル=オーブでオルガン奏者を務めた。

ノエルモテットミサ曲など宗教曲を作曲したが、現在ではほとんど知られていない。1926年に作曲されギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団が初演した『吹奏楽のための交響曲』(Symphonie pour Musique d'Harmonie)は現在でも演奏される。

フォーシェが著した和声法の課題集『Cinquante Leçons d'Harmonie』『Quarente Leçons d'Harmonie』は日本でもよく使われた。

主要作品[編集]

吹奏楽作品[編集]

  • 吹奏楽のための交響曲(Symphonie pour Musique d'Harmonie
    ジェイムズ・ロバート・ジレットとフランク・キャンベル=ワトソンがアメリカ式編成用に編曲して出版した際の『交響曲 変ロ長調』(Symphony in B Flat)のタイトルで知られている。

参考文献[編集]