牛山充

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

牛山 充(うしやま みつる、1884年6月12日 - 1963年11月9日)は、音楽・舞踊・浮世絵評論家、翻訳家。旧姓は百瀬。

生涯[編集]

長野県諏訪郡四賀村(諏訪市)生まれ。高島小学校卒業後、1913年東京音楽学校甲種師範科卒。高野辰之田村寛貞に師事し、在学中、学友会誌「音楽」の主筆・編集長を務めた。1912年には学友会主宰の「土曜演奏会」を始めた。また東京外国語学校や正則英語学校に通い、英語を習得し、海外音楽理論の翻訳に着手した。東京音楽学校講師を経て、教授。1922年から「東京朝日新聞」の音楽・舞踊欄を担当した。1961年東京バレエ学校を創立、校長。1952年文部大臣賞、1960年紫綬褒章受勲。日本浮世絵協会理事。NHK洋楽諮問委員、文部省芸術祭執行委員、舞踊コンクール、邦楽コンクールの審査員を務めた[1]。 

著書[編集]

  • 『名曲解説』京文社 音楽叢書 1923
  • 『音楽鑑賞の智識』京文社 音楽叢書 1924
  • 『洋楽鑑賞知識』京都印書館 1948
  • 『音楽鑑賞講話』音楽之友社 1952

共編著[編集]

  • 『国貞百選画集 続編』編 画報社 1928
  • 『国貞風俗百選画集』編 画報社 1928
  • 『浮世絵競艶画集』編著 浮世絵新聞社 1930
  • 『レコード音楽全集 第3巻 演奏様式と演奏家』増沢健美共著 三省堂 1938

翻訳[編集]

  • ルネ・デカルト『方法論』越山堂 世界名著文庫 1919
  • ジョン・ブラッキイ『教養論 原名・セルフカルチャア』越山堂 世界名著文庫 1920
  • リルリ・レーマン『独唱の仕方』近代文明社 1922
  • バイロン詩集』越山堂 1922
  • ヨーゼフ・ホフマン『ピアノの弾き方』近代文明社 1922
  • フリッツ・クライスラー『塹濠の四週間 ヴアイオリニストの実戦記』噴泉堂 1923
  • シエリー詩集』聚英閣 泰西詩人叢書 1923
  • ヨーゼフ・ホフマン『ピアノ演奏法』音楽教育叢書 京文社 1929
  • リルリ・レーマン『声楽法』音楽教育叢書 京文社 1929
  • サルヴァトーレ・マルケージ『Twenty elementary and progressive vocalises』シンキヤウ社 1936
  • ハンスリックの音楽美論』田村寛貞訳著 牛山訳補 音楽之友社 1956

論文[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]