畑中良輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

畑中 良輔(はたなか りょうすけ、1922年2月12日 - 2012年5月24日)は、日本のバリトン歌手・合唱指揮者音楽評論家作曲家日本芸術院会員。

経歴[編集]

福岡県門司市(現・北九州市門司区)生まれ。東京音楽学校声楽科卒、同研究科修了。宮廷歌手ヘルマン・ヴーハーペーニヒ(Hermann Wucherpfennig)に師事。オペラではモーツァルト歌手として活躍、「魔笛」「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」などの日本初演で主役を歌った。またドイツ歌曲・日本歌曲でも業績が多い。ヒュッシュ、タリアヴィーニとの共演経験もある。

音楽評論の分野では『レコード芸術』(音楽之友社)などで活躍。音楽教育にも力を注ぎ、『日本名歌低声用50曲集』(カワイ楽譜)「イタリア歌曲集」(全音楽譜出版社)などの歌曲集の編纂、監修に携わった。合唱の分野では福永陽一郎とともに東京コラリアーズを設立したほか、慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団の専任指揮者を務めている。二期会創設者の一人。

詩作にも手を染め、詩集『超える影に』を出版している。彼の詩は歌曲のテキストとして幾人かの作曲家に用いられており、中田喜直「四季の歌」、三善晃「超える影に」や大中恩「四つの諷刺的な歌」が生まれている。

東京芸術大学名誉教授、初代新国立劇場芸術監督、藤沢市民会館文化担当参与、水戸芸術館音楽部門芸術総監督、1985年紫綬褒章受章、1990年毎日芸術賞特別賞受賞、1994年勲三等旭日中綬章受章、1997年モービル音楽賞、1999年神奈川文化賞受賞、2000年文化功労者、2006年恩賜賞日本芸術院賞受賞、2007年著書『オペラ歌手誕生物語』で第55回日本エッセイスト・クラブ賞受賞。2008年日本芸術院会員

2012年5月24日、間質性肺炎のため死去[1]。90歳没。没日付をもって正四位に叙せられるとともに旭日重光章が追贈された[2]

著書[編集]

  • 『演奏家的演奏論』(白水社、1975年)
  • 『演奏の風景 にちにちの音楽から』(音楽之友社〈音楽選書〉、1984年)
  • 『超える影に 畑中良輔詩集』(不識書院、2002年)
  • 『音楽少年誕生物語 繰り返せない旅だから 1』(音楽之友社、2002年)
  • 『音楽青年誕生物語 繰り返せない旅だから 2』(音楽之友社、2004年)
  • 『オペラ歌手誕生物語 繰り返せない旅だから 3』(音楽之友社、2007年)
  • 『オペラ歌手奮闘物語 繰り返せない旅だから 4』(音楽之友社、2009年)
  • 『荻窪ラプソディー ブル先生の日々是好日』(音楽之友社、2012年)
  • 『日本歌曲をめぐる人々』(音楽之友社、2013年)
  • 『名随筆選 音楽の森6 声の悦楽』音楽之友社、1989年。編著 
  • 『日本歌曲全集27 畑中良輔』音楽之友社、1993年。編著 

主なディスコグラフィー[編集]

指揮[編集]

  • ジプシーの歌/愛の歌(ビクターエンタテインメント)VICC-60315
  • 日本の合唱百年 四つの時代(フォンテック)FOCD3473
  • 日本合唱曲全集 多田武彦作品集(日本伝統文化振興財団)VZCC-25 - 「雪明りの路」「草野心平の詩から」を担当。
  • 日本合唱曲全集 新実徳英作品集1(日本伝統文化振興財団)VZCC-29 - 「祈りの虹」を担当。

歌唱[編集]

  • Auf Flügeln des Gesanges/歌の翼に(ビクターエンタテインメント)VICC-60138
  • 信時潔作品集(ビクターエンタテインメント)KCDK-1206 - 歌曲集「沙羅」ほかを担当。
  • 日本の声楽・コンポーザーシリーズ5 大中恩小林秀雄(ビクターエンタテインメント)VICC-60045 - 大中恩「五つの抒情歌」を演奏。

主な作曲作品[編集]

歌曲[編集]

  • 八木重吉による五つの歌
  • 低声のための三つの抒情歌
  • 西條八十の詩による二つの歌
  • 「古代感愛集」より二つの歌
  • 歌曲連集「和泉式部抄」

童謡[編集]

  • トンカチトン

脚注[編集]

  1. ^ “声楽界の重鎮・バリトン歌手の畑中良輔さん死去”. 読売新聞. (2012年5月24日). http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20120524-OYT1T00687.htm 2012年5月24日閲覧。 
  2. ^ 官報本紙平成24年6月29日