畑中良輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はたなか りょうすけ
畑中 良輔
畑中良輔先生.jpg
基本情報
生誕 (1922-02-12) 1922年2月12日
出身地 日本の旗 日本 福岡県 門司市
(現: 北九州市 門司区[1]
死没 (2012-05-24) 2012年5月24日(90歳没)
日本の旗 日本 東京都 三鷹市[2]
学歴 東京音楽学校(現: 東京芸術大学)本科声楽部
ジャンル クラシック音楽
職業 声楽家バリトン
音楽教育
合唱指揮者
オペラ歌手
音楽評論家
作曲家
詩人
翻訳家(訳詞家)
エッセイスト
著名使用楽器
声楽
1948年 日本放送協会「第一回放送芸能祭」
左から畑中、藤原義江三宅春惠
ベートーヴェンフィデリオ』第2幕

畑中 良輔(はたなか りょうすけ、1922年(大正11年)2月12日 - 2012年(平成24年)5月24日)は、日本の声楽家(バリトン)、音楽教育者、合唱指揮者音楽評論家作曲家詩人翻訳家(訳詞家)、エッセイスト日本芸術院会員。日本の洋楽の発展に多大な功績を残した。

経歴[編集]

福岡県門司市(現: 北九州市門司区)に浅野セメントのサラリーマンの父勝次郎、三絃の師匠をしていた母筆の長男として生まれる[3][4]。二つ上に姉がいる四人家族[4]。旧制門司中学校入学。中学時はラッパ鼓隊に所属し小太鼓を担当しており、人前で歌ったこともなかったが、苦手の数学が受験科目に無い進学先として東京音楽学校を選び、消去法で「声楽科」と書いたという[4]。1940年(昭和15年)門司中学校を卒業。澤崎定之に師事し、一浪後1941年(昭和16年)東京音楽学校本科声楽部に入学。宮廷歌手ヘルマン・ヴーハープフェニッヒに師事。ヴーハープフェニッヒ解任(妻がユダヤ人であることが判明)後は木下保に師事。橋本國彦のクラスで作曲と対位法を学んだ。1943年(昭和18年)9月、東京音楽学校を戦中時のため繰り上げ卒業[1][3]。同年召集され姫路陸軍中部54部隊に配属される。1945年(昭和20年)陸軍一等兵として上海で終戦を迎える。上海抑留後1946年(昭和21年)4月復員し、復帰したヴーハープフェニッヒに再び師事して東京音楽学校研究科修了[3]

1947年(昭和22年)毎日ホールにて「第一回畑中良輔独唱会」(ピアノ伴奏: 中田喜直[5])でリサイタルデビュー。リリック・バリトンとして、その音楽的解釈力の深さと卓越した演技力で、デビュー当時より高い評価を受ける[6]。1948年(昭和23年)藤原歌劇団公演モーツァルト『ドン・ファン(ドン・ジョヴァンニ)』日本初演のマゼット役でオペラデビュー。以来オペラでは主にモーツァルト歌手として活躍、『魔笛』『フィガロの結婚』などの数多くの日本初演に出演。中でも『魔笛』のパパゲーノは100回以上演じている[3]ヒュッシュタリアヴィーニタッシナーリ[7]と共演するなど、オペラ上演史に輝かしい足跡を残した。

また歌曲ではドイツ歌曲・日本歌曲に造詣が深く、特に日本歌曲では全国縦断連続リサイタルを行い、その普及に多大な貢献をした[6]

音楽教育にも力を注ぎ、弟子の多くの優れた声楽家が、日本はもとよりヨーロッパでも第一線の歌手としてオペラに歌曲に活躍している[8]。1948年(昭和23年)東京音楽学校講師、1949年(昭和24年)東京藝術大学講師。ことばを礎にした歌唱の大切さを唱え,ドイツと日本の歌曲を中心に体系的な演奏,指導を続けた。1958年(昭和33年)東京藝術大学助教授[2]。1969年(昭和44年)- 1983年(昭和58年)東京藝術大学教授。1964年(昭和39年)- 1975年(昭和50年)国立音楽大学講師。2006年(平成18年)- 2012年(平成24年)東邦音楽大学客員教授。その他、公開講座・セミナー多数[3]。数々の教則本の監修・解説を手掛け、声楽を学ぶ者の必読書となっている。また『日本名歌低声用50曲集』(カワイ出版)『イタリア歌曲集』(全音楽譜出版社)などの多数の歌曲集の編纂、監修にも携わった。小中学校の音楽教科書・教師用指導書も執筆している。

1952年(昭和27年)二期会結成と同時に参加。創立メンバーとなる。1956年(昭和31年)「青の会(畑中門下生の会)」主宰。1969年(昭和44年)東京室内歌劇場を設立。1971年(昭和46年)(社)日本演奏連盟理事。1972年(昭和47年)日本音楽コンクール委員[3]

二期会においては、1954年(昭和29年)にジャン・カルロ・メノッティアマールと夜の訪問者』の訳詞を妻の畑中更予と手掛け[9]、1956年(昭和31年)にリヒャルト・シュトラウス薔薇の騎士』日本初演における訳詞を内垣啓一と手掛ける[10]など、草創期から翻訳家(訳詞家)としても活動し、新たな作品を日本に紹介し定着させる意欲的な取り組みを行っている。

音楽評論は、歌手活動より早く1942年(昭和17年)から始められており[7]、舞台芸術全般への広範な教養にあふれた名文でも知られ[2]、『レコード芸術』(音楽之友社)声楽評を1952年(昭和27年)- 2012年(平成24年)の60年の長きにわたり執筆。朝日新聞の音楽評も1965年(昭和40年)から2009年(平成21年)まで担当した[3]。その他にも寄稿が多数あり、国立国会図書館デジタルコレクション[11]だけでも約800件(1946年(昭和21年)- 2000年(平成12年)。畑中の著書[12]にある戦時中の寄稿は収蔵されていない。また、2001年以降の寄稿や、新聞の音楽評は含んでいない)の寄稿が存在する。

合唱の分野では、戦後に第二次東京交声楽団を結成し代表を務める。1952年(平成27年)に福永陽一郎とともに東京コラリアーズを設立。また、1960年(昭和35年)に慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団の専任指揮者に就任、2012年(平成24年)までの52年間にわたり指導を続け、畑中の薫陶を受けた団員は約1000名に上る。また福永陽一郎逝去の後を引き取り1999年(平成11年)から藤沢男声合唱団の指揮者に就任。また、2006年(平成8年)に逝去した北村協一の後、2008年(平成10年)まで神戸市混声合唱団の指揮者を務めている。その他、客演指揮多数[3]

作曲家としては、10代から作曲を開始しており、東京音楽学校在学中には作曲と対位法を橋本國彦のクラスで受講。復員後、作曲家と演奏家の提携活動「新声会」に第2回から参加[5]。1977年(昭和52年)に全音楽譜出版社から『畑中良輔歌曲集』が出版されている[3]

詩作にも手を染め、詩集『超える影に』を出版している。畑中の詩は歌曲のテキストとして幾人かの作曲家に用いられており、中田喜直『四季の歌』、三善晃『超える影に』や大中恩『四つの諷刺的な歌』が生まれている[3]

1983年(昭和58年)東京芸術大学名誉教授、1985年(昭和60年)紫綬褒章受章、1990年(平成2年)毎日芸術賞特別賞受賞、1991年(平成3年)藤沢市民会館文化担当参与、1992年(平成4年)藤沢市芸術文化振興財団理事、同年水戸芸術館音楽部門芸術総監督・水戸市芸術文化振興財団理事、1993年(平成5年)初代新国立劇場芸術監督、1994年(平成6年)勲三等旭日中綬章受章、同年全日本学生音楽コンクール諮問委員、1996年(平成8年)静岡国際オペラコンクール審査員、1997年(平成9年)モービル音楽賞受賞、1999年(平成11年)神奈川文化賞受賞、2000年(平成12年)文化功労者、2006年(平成18年)恩賜賞日本芸術院賞受賞、2007年(平成19年)著書『オペラ歌手誕生物語』で第55回日本エッセイスト・クラブ賞受賞。2008年(平成20年)日本芸術院会員、同年マダム・バタフライ国際コンクールin長崎審査委員長。他にも奏楽堂日本歌曲コンクール、五島記念文化財団、三菱UFJ信託芸術文化財団の審査員・選考委員[3]、全日本合唱教育研究会会長、文部省教育課程審議会委員の重責を担ってきた[8]

2012年(平成24年)5月24日、間質性肺炎のため死去[13]。90歳没。没日付をもって正四位に叙せられるとともに旭日重光章が追贈された[14]

主な門下生[編集]

藍川由美、池田美保、岩崎由紀子大川隆子大島洋子、岡崎裕美、片岡啓子、亀山勝子、邱玉蘭、久保田美江、黒川和子、小泉惠子小濱妙美、小林滋子、酒井美津子、瀬山詠子曽我栄子、太刀川悦代、玉川美栄、茶谷宏子、戸山志津江、長井純子、中山早智恵、濱田千枝子、細谷美内、松本美和子、山城道子、山本哲子、吉武由子、和座知佐、荒道子、大藤裕子、鬼頭礼子、小見佳子、桐生郁子、小山由美志村年子莊智世惠長野羊奈子、中山牧子、永富啓子小貫岩夫笠井幹夫、河瀬柳史、近藤安个、篠崎寿、太刀川昭、堤温、永田峰雄中村健、服部洋一、平尾啓、藤井宏樹吉川貴洋、宇佐美桂一、大久保光哉、小川雄二、翁長剛、小栗純一、長内勲、折江忠道、鎌田直純、北川潤、木村文男、城間繁、末吉利行、谷口伸、築地文夫、築地利三郎、土野研治、綱川立彦中村義春西義一、林剛一、樋本英一平野忠彦堀内康雄、柳沢安雄、小原伸一、佐藤正浩堀野浩史 ほか多数

エピソード[編集]

  • 畑中が学生合唱の指揮に出現した後、舌鋒鋭い福永陽一郎をして「このごろは、コンクールに出るのが、必ずしも最上級ということではなくなって、そのかわり、慶應のワグネル・ソサィエティーの男声合唱団の演奏が、非常に高いレベルに達していることを、多くの人たちが認めて、男声合唱の標準が変わってきた[15]」と言わしめた。
  • 主宰した声楽グループ「青の会」の名前は、いつまでも青二才、との自戒をこめたものである[16]
  • 犬を思わせる人懐こさと、納得いかないことにはすぐかみつく性分から、「ブル」「ブル先生」という生涯のニックネームが生まれた[17]
  • あくなき探求心・好奇心と、驚異的な記憶力を持ち、クラシック音楽にとどまらず、古今東西の文学・美術全般、伝統芸能からポップカルチャーに至るまで「あらゆるジャンルの教養を携えた、芸術への道先案内人[17]」であった。ビートルズローリング・ストーンズも来日公演のチケットを自分で買い求めた。
  • 漫画『のだめカンタービレ』にも「音楽をやる人たちの空気がよく描けてる」とご満悦[17]だったという。
  • 自他ともに認めるグルメであり「芸術の前にはまず美味しいモノよ」。どんなに疲れても、公演後は人を食事に誘った。慶應ワグネルの団員でも、ご相伴に与った者や、店を紹介された者が多い。逝去の前日にも弟子に囲まれ、好物のビシソワーズを飲み干してご機嫌だったという[17]
  • 90歳の逝去直前まで非常に多忙であり、早く寝る日でも午前3時[16]までは仕事の時間と決めていた。睡眠は3~5時間という毎日であった。(2012年(平成24年)2月、畑中の卒寿記念パーティーでの本人弁による)
  • 朝起きて最初にすることは、特別に用意した有機野菜によるグリーン・ジュースをミキサーで作成して飲むことであった。この健康法を畑中に紹介したのはバリトン歌手の小森輝彦である[18]。この生活の模様は2007年に小学館の『サライ』誌「我が家の朝食」コーナーでも取り上げられた。
  • 慶應ワグネルの指導は大変厳しく、団員たちは個人レッスンと同様の緊張感で練習に臨んだ。実際に畑中の耳は、100名の合唱であっても団員各個人の声を明確に聴き分けられる能力があり、指名されて一人だけ歌わされたり、容赦なく「そこのボヤスケ!」と怒声を浴びせられることもあった。
  • スキーを大変好み、新国立劇場の芸術監督になるまで、三浦洋一若杉弘長野羊奈子夫妻、伊藤京子中村浩子岡部多喜子観世栄夫、慶應ワグネルの団員を誘い、毎冬志賀高原へスキーに出かけていた[19]。腕前はかなりのもので、畑中のスピードについていくのは並大抵ではなかったという。九州出身でスキーに縁のなかった畑中に「スキーは人生を変えるよ」と言って誘ったのは三浦である。三浦は畑中の腕前について「ふだん二本脚で歩けるのがフシギなくらい下手だよ」と平野忠彦に言っていた[20]というが、回数を重ねて上達したようである。
  • 自宅には数万枚(カウント不能)のレコード・CDがあり、専用の収蔵部屋・収納棚があったが、そこにも入りきらないレコード・CDがうず高く積まれていた。

主な著書[編集]

書籍[編集]

  • 『演奏家的演奏論』白水社 1975年 ISBN 978-4560036525
  • 『演奏の風景 にちにちの音楽から(音楽選書<31>)』音楽之友社 1984年4月1日 ISBN 978-4276370319
  • 『超える影に 畑中良輔詩集』不識書院 2002年2月12日
  • 『音楽少年誕生物語 繰り返せない旅だから 1』音楽之友社 2002年2月1日 ISBN 978-4276201866
  • 『音楽青年誕生物語 繰り返せない旅だから 2』音楽之友社 2004年8月1日 ISBN 978-4276201880
  • 『オペラ歌手誕生物語 繰り返せない旅だから 3』音楽之友社 2007年2月1日 ISBN 978-4276201903
  • 『オペラ歌手奮闘物語 繰り返せない旅だから 4』音楽之友社 2009年9月16日 ISBN 978-4276201927
  • 『荻窪ラプソディー ブル先生の日々是好日』音楽之友社 2012年7月10日 ISBN 978-4276201965
  • 『日本歌曲をめぐる人々』音楽之友社 2013年2月7日 ISBN 978-4276201996
  • 『名随筆選 音楽の森 声の悦楽』音楽之友社 1989年9月 編著 ISBN 978-4276202061
  • 『日本名歌曲百選 詩の分析と解釈』音楽之友社 1998年3月1日 編著 ISBN 978-4276131958
  • 『日本名歌曲百選 詩の分析と解釈<2>』音楽之友社 2002年3月20日 編著 ISBN 978-4276131965
  • 『朝日試聴室: クラシック名曲・名盤のすべて』現代史出版会 1984年1月 志鳥栄八郎他共著 ISBN 978-4198128470
  • 『歌唱の新しい指導(1961年)(小学校音楽教育叢書<第1~3>)』明治図書出版 1961年
  • 『詩集 超える影に』不識書院 2002年
  • 『小学生の音楽(1~6)教科書』教育芸術社 2003年
  • 『小学生の音楽(1~6)指導書』教育芸術社 2003年
  • 『中学生の音楽(1,2・3上下)教科書』教育芸術社 2005年
  • 『中学生の音楽(1,2・3上下)指導書』教育芸術社 2005年

楽譜[編集]

作曲[編集]

編著・監修[編集]

初出が早いものも多数存在[21]するが、改訂版が存在するものは新しいもののみを記した。

主なディスコグラフィー[編集]

指揮[編集]

歌唱[編集]

  • Auf Flügeln des Gesanges/歌の翼に (ビクターエンタテインメント) VICC-60138
  • 信時潔作品集 (ビクターエンタテインメント) KCDK-1206 - 歌曲集『沙羅』ほかを担当。
  • 日本の声楽・コンポーザーシリーズ5 大中恩小林秀雄 (ビクターエンタテインメント) VICC-60045 - 大中恩『五つの抒情歌』を演奏。

主な作曲作品[編集]

発表作品のみを記した。畑中によると「歌曲は約50曲、教材や童謡、校歌など約50曲、合唱曲が20曲、ピアノ曲が30曲、編曲多数といったところがぼくの全作品である[5]」という。

ピアノ曲[編集]

  • ピアノのための前奏曲集 全6曲(1947年12月11日「新声会第6回試演会」で演奏)[5]

歌曲[編集]

  • 『秘帖』より「天の夕顔」による四つの歌 中河與一:歌
  • 八木重吉による五つの歌
  • 低声のための三つの抒情歌 (採花 松田祐宏: 詩、海兵独唱 室生犀星: 詩、花林 (まるめろ) 杉浦伊作: 詩)
  • 西條八十の詩による二つの歌
  • 『古代感愛集』より二つの歌 釋迢空:詩
  • 二つの歌 (小さな家 秋谷豊: 詩、逝にしひとに-片岡鉄兵先生の霊に捧ぐ- 猪野多毛師: 詩)
  • 歌曲連集『和泉式部抄』
  • 中河幹子による四つの歌

童謡[編集]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 大石 2020.
  2. ^ a b c コトバンク.
  3. ^ a b c d e f g h i j k 畑中良輔先生お別れの会 2012年7月7日パンフレット「畑中良輔先生プロフィール・軌跡」主催: 青の会
  4. ^ a b c 音楽少年誕生物語「前奏曲」. 音楽之友社. (2002-02-12) 
  5. ^ a b c d 畑中良輔歌曲集(増補改訂版)2011年6月15日 作曲者についてのノート(1977年7月記)
  6. ^ a b 音楽少年誕生物語 著者紹介. 音楽之友社. (2002-02-12) 
  7. ^ a b Auf Flügeln des Gesanges/歌の翼に CD ライナーノーツ 今日も翔ぶ… ~畑中良輔さんのこと~ 三善清達
  8. ^ a b 畑中良輔 プロフィール”. ビクターエンタテインメント. 2020年1月27日閲覧。
  9. ^ 石桁眞禮生, 松本重真. “《河童譚》《アマールと夜の訪問者》” (Japanese). opera.tosei-showa-music.ac.jp. 2021年2月28日閲覧。
  10. ^ リヒャルト・シュトラウス, フーゴ・フォン・ホーフマンスタール. “《薔薇の騎士》”. opera.tosei-showa-music.ac.jp. 2021年2月28日閲覧。
  11. ^ 畑中良輔”. 国立国会図書館デジタルコレクション. 2020年5月21日閲覧。
  12. ^ 畑中良輔 (2004-09-10). 音楽青年誕生物語. 音楽之友社. pp. 205-207. ISBN 9784276201880 
  13. ^ “声楽界の重鎮・バリトン歌手の畑中良輔さん死去”. 読売新聞. (2012年5月24日). http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20120524-OYT1T00687.htm 2012年5月24日閲覧。 
  14. ^ 官報本紙 平成24年6月29日
  15. ^ 畑中良輔・福永陽一郎 (1963). “対談: 学生合唱ひとすじに……”. 月刊「合唱界」11月号. 
  16. ^ a b 吉田純子記者署名記事 (2007年6月1日). “古典クラシックス 85歳「まだまだ勉強」声楽家・音楽評論家の畑中良輔”. 朝日新聞(夕刊) 3版: 11面. 
  17. ^ a b c d 朝日新聞2012年7月21日夕刊「惜別」吉田純子記者署名記事「丸み帯びた美声 最期まで」
  18. ^ 畑中 2012, p. 27.
  19. ^ 畑中 2012, p. 67.
  20. ^ 畑中 2012, p. 301.
  21. ^ 畑中良輔”. Amazon. 2020年1月26日閲覧。

参考文献[編集]