ジュゼッペ・コンコーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

パオロ・ジュゼッペ・ジョアッキーノ・コンコーネPaolo Giuseppe Gioacchino Concone, 1801年9月12日トリノ生 - 1861年6月6日トリノ没)、はイタリア作曲家、教育者である。ヴォカリーズの練習の教本で特に有名である。

生涯[編集]

トリノサヴォイア宮廷オルガニスト楽長であった。1837年から10年間パリのコンセルヴァトワールで声楽を教えたが、1848年革命のためトリノに帰国した。

オペラ作曲家としても活躍し、数曲の歌曲、二重唱、オペラの『S.ミケレのエピソード Un Episodio di S. Michele』と『グラツィエラ Graziella』を書いた。

教育的作品[編集]

合唱曲[編集]

Domine,salvam fac

声楽[編集]

  • 50 Lezioni per il medium della voce op. 9, con accompagnamento di pianoforte, Ricordi, Milano(コンコーネ50番 中声用 作品9)
  • 25 Lezioni o vocalizzi per il medium della voce op. 10, con accompagnamento di pianoforte, Ricordi, Milano (コンコーネ25番 中声用 作品10)
  • 15 Vocalizzi op. 12, per soprano o mezzosoprano, con accompagnamento di pianoforte, Ricordi, Milano(コンコーネ15番 高声用 作品12)
  • 40 Lezioni per basso o baritono op. 17, con accompagnamento di pianoforte, Ricordi, Milano(コンコーネ40番 低声用 作品17)

ピアノ[編集]

  • ピアノのための25の旋律的練習曲 作品24 (全音楽譜出版社 ISBN 411160403X
  • ピアノのための15の練習曲 作品25 (全音楽譜出版社 ISBN 4111604048
  • 20 Études Chantantes Op. 30
  • 連弾のための15の対話的練習曲 作品38 (全音楽譜出版社 ISBN 4111604056
  • 15 Études d'Expression Op. 44

外部リンク[編集]