瀬山詠子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
瀬山 詠子
生誕 1930年????
出身地 日本の旗 日本
学歴 東京藝術大学
ジャンル クラシック
職業 声楽家ソプラノ
オペラ歌手
音楽教育者

瀬山 詠子(せやま えいこ、1930年(昭和5年)[1] - )は日本の声楽家ソプラノ)。音楽教育者

経歴[編集]

歌手として[編集]

東京藝術大学卒業。畑中良輔、畑中更予に師事。1956年(昭和31年)モーツァルトフィガロの結婚』ケルビーノでデビュー。1959年(昭和34年)に第1回のリサイタルを開いたのをはじめ、リサイタルを数多く開催。オペラではヒンデミット『ロング・クリスマスディナー』ルーシィ、『フィガロの結婚』伯爵夫人、カール・オルフ『賢い女』などに出演。出演歴は昭和音楽大学オペラ情報センターの記録だけで29件存在する[2]

また、オペラだけでなく、リートや日本歌曲の普及には先達とも言えるソプラノ[3]で、なかでも現代音楽の演奏に優れ、三善晃石桁真礼生池内友次郎作品など、現代日本歌曲の分野で不可欠な存在となっている[4]

1975年度(昭和50年度)文化庁芸術祭において、石桁眞禮生の歌曲による「瀬山詠子・中村義春ジョイント・リサイタル」の成果に対し優秀賞を受賞した[5]

1991年(平成3年)『瀬山詠子+三善晃』リサイタルおよび1994年(平成6年)8月に開催された三善晃作品集リサイタル『超える影に[6]』(1991年は初演)は、作曲者自身の伴奏とともに名演奏として名高く[7]、1994年の演奏はCD化もされている。また、1997年の東京藝術大学退官記念リサイタル、2003年(平成15年)6月の二夜にわたる石桁歌曲リサイタルでは各方面より絶賛を得た。2010年(平成22年)には、東京藝術大学奏楽堂において満80歳のおり『傘寿を記念して』のタイトルでリサイタルを開き、現在に至る。

慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団の定期演奏会ではソリストとして8回にわたり登場している。

音楽教育者として[編集]

元東京藝術大学教授。現在東京藝術大学名誉教授二期会会員。瀬山の門下生による「詠の会」が組織されており、2015年(平成27年)1月14日には第24回演奏会『三善晃 歌曲の夕べ 追悼特別演奏会』が開催されている[8]。出演者は三宮美穂、紙谷弘子、小畑朱実、斎藤三和子、濱田千枝子[8]、星野直子[9]。また、彌勒忠史[10]、崔宗宝[11]、田代和久[12]、乗松恵美[13]、藤澤幸義子[14]、戸山志津江[15]、西口則子[16]、鳥養和歌子[17]、も瀬山の教えを受けている。瀬山は藝大教授当時「日本歌曲を正しく歌える人が少ないことを憂い、本当に勉強したい人に分け隔てなく、自分の培ったものを全て伝えていきたい[18]」と藝大大学院において「日本歌曲ゼミナール」を始めた。

東京藝術大学を定年退官後30年を迎える2020年現在においても、「日本歌曲ゼミナール」を継続して開催している[19]。レッスンは非常に厳しく、自作品のレッスンを聴講した木下牧子は「私が受けたら泣いてしまいそう」と記している[20]。また、大分県立芸術文化短期大学での声楽公開レッスン[4]や、東京二期会「日本歌曲研究会」講師[21]国立音楽大学における声楽公開レッスン[22]、さらには2020年(令和2年)11月-12月には文化庁委託事業「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」として、日本歌曲の公開マスタークラス講師を務める[3]など、声楽界の重鎮として、後進の育成に第一線で活躍中である。

受賞(受章)歴[編集]

楽界活動[編集]

  • 1984年度(昭和58年度)第7回ハーモニーホールふくい 新人演奏会 オーディション審査員[24]
  • 1990年(平成2年)第43回全日本合唱コンクール全国大会審査員[25]
  • 1995年度(平成6年度)第18回ハーモニーホールふくい 新人演奏会 オーディション審査員[24]
  • 2000年度(平成11年度)第23回ハーモニーホールふくい 新人演奏会 オーディション審査員[24]
  • 2019年度(平成31年度)奏楽堂日本歌曲コンクール 歌唱部門審査委員[26]
  • 2020年(令和2年)第12回国際シニア合唱祭『ゴールデンウェーブin横浜』講評者[27]

主なディスコグラフィー[編集]

ソロの歌唱の主なものを挙げる。以下の他にも参加している音源が多数存在する[1][28][29]

  • LP 日本の歌曲第1集 瀬山詠子、三浦洋一 キングレコード
  • LP 日本の歌曲第2集 瀬山詠子、三浦洋一 キングレコード
  • LP 末吉保雄 / 浦田健次郎作品集 日本歌曲全集(21) 瀬山詠子、桐生郁子、三浦洋一、野口龍 他 ビクター音楽産業株式会社
  • LP 『三好達治の詩による14の歌曲』 瀬山詠子、高橋従子 DENON
  • CD 瀬山詠子(ソプラノ) 三浦洋一(ピアノ) / 日本歌曲全集(30)三善晃作品集 ビクター音楽産業株式会社
  • CD 『盲目の秋』瀬山詠子ソプラノリサイタル フォンテック
  • CD 三善晃歌曲集1『超える影に』瀬山詠子、三善晃 ビクターエンタテインメント
  • CD 三善晃歌曲集2『白く』瀬山詠子、三浦洋一 ビクターエンタテインメント
  • CD 瀬山詠子 / 日本の声楽・コンポーザーシリーズ(4)石桁真礼生 瀬山詠子、築地利三郎、三浦洋一 ビクターエンタテインメント
  • CD3枚組 池内友次郎の音楽とその流派 オムニバス キングレコード
  • CD3枚組 諸井三郎とその門下の音楽 オムニバス キングレコード
  • CD 南弘明作品 萬葉と宇宙の幻想ー現代日本の作曲家シリーズ20 オムニバス フォンテック
  • CD 日本の名歌 ベスト オムニバス キングレコード

エピソード[編集]

恩師畑中良輔がつけたニックネームは「トルコ」。畑中逝去後の「お別れの会」において、瀬山は門下生代表として「感謝の言葉」を述べたが、その冒頭は「先生、トルコでございます」という呼び掛けであった。

出典[編集]

  • 慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団 第112回定期演奏会パンフレット(1987年)
  • 瀬山詠子 - Webcat Plus

脚注[編集]

  1. ^ a b 瀬山詠子”. Webcat Plus. 2020年1月13日閲覧。
  2. ^ 検索結果 - 瀬山詠子 | 昭和音楽大学オペラ研究所 オペラ情報センター”. opera.tosei-showa-music.ac.jp. 2020年10月16日閲覧。
  3. ^ a b オーディション・コンクール|公益社団法人 日本演奏連盟”. www.jfm.or.jp. 2020年10月13日閲覧。
  4. ^ a b 瀬山詠子特別講師の声楽公開レッスンを聴講できます”. 大分県立芸術文化短期大学. 2020年1月13日閲覧。
  5. ^ 文化庁芸術祭賞一覧s41_s50”. 文化庁. 2021年2月24日閲覧。
  6. ^ この組曲の作詩は恩師の畑中良輔である。
  7. ^ 瀬山はテクストの意味を多層的に響かせる好唱(「CDジャーナル」データベースより)
  8. ^ a b 三善晃 歌曲の夕べ 追悼特別演奏会 瀬山詠子+第24回 詠の会 - 音楽の友 WEBコンサートガイド” (日本語). 三善晃 歌曲の夕べ 追悼特別演奏会 瀬山詠子+第24回 詠の会 - 音楽の友 WEBコンサートガイド. 2020年10月16日閲覧。
  9. ^ 詠の会2011.11.11 - メゾソプラノ 三宮美穂のブログ” (日本語). 詠の会2011.11.11 - メゾソプラノ 三宮美穂のブログ. 2020年10月16日閲覧。
  10. ^ webmaster (2020年7月19日). “二期会日本歌曲研究会 | 彌勒忠史 公式WEBサイト” (英語). 2020年10月16日閲覧。
  11. ^ ソプラノ歌手 佐藤千里さんコンサートに協賛 - 【株式会社トスネット】”. www.tosnet.co.jp. 2020年10月16日閲覧。
  12. ^ さいたま市民合唱団参加者募集”. さいたま市文化振興事業団. 2020年10月16日閲覧。
  13. ^ 乗松恵美”. 一般財団法人 地域創造. 2020年10月16日閲覧。
  14. ^ 藤澤幸義子ソプラノリサイタルvol.2”. 浜離宮朝日ホール. 2020年10月16日閲覧。
  15. ^ 戸山 志津江|教員紹介|同朋学園 名古屋音楽大学”. 2020年10月16日閲覧。
  16. ^ 西口則子ソプラノコンサート”. 大和市. 2020年10月16日閲覧。
  17. ^ 講師紹介 鳥養 和歌子 | スガナミ楽器”. www.suganami.com. 2020年10月16日閲覧。
  18. ^ 岡野ピアノ&ヴォイス教室 講師紹介” (日本語). 川崎市中原区平間のピアノ・声楽教室. 2020年10月16日閲覧。
  19. ^ a b 瀬山詠子先生のレッスンを受講してきました!”. 2020年1月13日閲覧。
  20. ^ 瀬山詠子歌曲ゼミナール” (日本語). 作曲家・木下牧子の日々. 2020年10月16日閲覧。
  21. ^ オペラの散歩道(二期会blog) | 瀬山詠子”. www.nikikai21.net. 2020年10月16日閲覧。
  22. ^ 瀬山詠子先生による日本歌曲特別公開講座”. 国立音楽大学. 2020年1月13日閲覧。
  23. ^ 芸術祭賞一覧”. 文化庁. 2020年10月13日閲覧。
  24. ^ a b c 過去の出演者一覧 新人演奏会”. ハーモニーホールふくい. 2020年10月16日閲覧。
  25. ^ 第43回全日本合唱コンクール全国大会”. jcanet.or.jp. 2020年10月16日閲覧。
  26. ^ 平成31年度 奏楽堂日本歌曲コンクール”. 台東区芸術文化財団. 2020年10月16日閲覧。
  27. ^ 第12回国際シニア合唱祭『ゴールデンウェーブin横浜』”. NPO法人ゴールデンウェーブ. 2020年10月16日閲覧。
  28. ^ 瀬山詠子”. Amazon. 2020年1月29日閲覧。
  29. ^ 瀬山詠子 - TOWER RECORDS ONLINE”. tower.jp. 2020年10月12日閲覧。