松本美和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松本 美和子
生誕 (1941-11-25) 1941年11月25日(80歳)
出身地 日本の旗 日本 奈良県 奈良市
学歴 武蔵野音楽大学
サンタ・チェチーリア音楽院
アカデミア・サンタ・チェチーリア
キジアーナ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 声楽家ソプラノ
オペラ歌手
音楽教育者
著名使用楽器
声楽

松本 美和子(まつもと みわこ、1941年11月25日 - )は、日本の声楽家(ソプラノ)、オペラ歌手、音楽教育者

経歴[編集]

奈良県奈良市出身。武蔵野音楽大学卒業。同専攻科修了。1966年[1]ローマサンタ・チェチーリア音楽院に留学し、首席名誉賞受賞で卒業。1972年ローマ・アカデミア・サンタ・チェチーリア修了[2]シエーナキジアーナ音楽院でも学ぶ[3]。松本寛子、松内和子、松山善憲、ルドルフォ・リッチ、畑中良輔[1]、ジョルジョ・ファヴァレット[4]に師事。

1972年ローマ歌劇場においてビゼーカルメン』ミカエラでデビュー[2][注釈 1]。以後、ローマ国立歌劇場を本拠に、サン・カルロ劇場ナポリ)、フェニーチェ歌劇場ヴェネツィア)、トリノ王立歌劇場[1]等、イタリアの著名な歌劇場はもとより、ベルリン国立歌劇場[3]ベルリン・ドイツ・オペラ[1]ライン・ドイツ・オペラフランクフルト歌劇場バイエルン国立歌劇場リセウ大劇場バルセロナ)、ウィーン国立歌劇場ロイヤル・オペラ・ハウスロンドン)、シカゴ・リリック・オペラ[5]など、世界各国の主要オペラ劇場に出演[2]。共演した歌手もヘルマン・プライアルフレード・クラウスホセ・カレーラス、ルッジェーロ・ライモンディ、フアン・ポンス、カーティア・リッチャレッリ、ゲーナ・ディミトローヴァ、ジョゼ・ヴァン・ダム、グレース・バンブリー、エヴァ・マルトン、ギネス・ジョーンズ[2]ヴァルター・ベリートム・クラウゼアンナ・トモワ=シントウ[6]、エッダ・モーザー[7]フランコ・ボニゾッリ[5]等に及ぶ。

日本では、1974年モーツァルトフィガロの結婚』ケルビーノでオペラデビュー[1]。1998年4月、プッチーニ蝶々夫人』タイトルロールで新国立劇場98-99シーズンの幕開けを飾った[8]。また1999年、同劇場での初のオペレッタヨハン・シュトラウス2世こうもり』ロザリンデを歌う[1][9]。2002年12月にはソフィア国立歌劇場(ブルガリア)プッチーニ『ラ・ボエーム』に出演。2003年6月[10]と2006年8月[11]には東京室内歌劇場 アンドレ・プレヴィン『欲望という名の電車』にも出演。2009年には、プーランクのモノ・オペラ『』を歌い、以来ライフワークとして毎年同オペラを歌い続けている[2]。2014年には日本オペラ協会 三木稔『春琴抄』春琴[12]、2019年には鳥山妙子『真昼の夜想曲 -何故・だから-』[13]と、演奏活動を続けている[5]

本人が「私のことをオペラ歌手だと思ってらっしゃる方も多いのですが、本質はリート歌手です[4]」と語るとおり、歌曲の業績も多い。1991年ウィーン楽友協会で日本人としては初めてウィーン学友協会主催の歌曲の夕べに出演。1996年トスティ生誕150周年記念コンサートを紀尾井ホールで開催し、トスティ100曲を歌いあげ、同時に74曲をCDに録音し発売。1999年はレスピーギ生誕120周年にあたり日本で初めて全曲レスピーギのCDをリリース。2002年は10月にトスティ歌曲集5、12月に近代イタリア歌曲集2をリリース。2005年デビュー40周年を記念し紀尾井ホール、府中の森芸術劇場にて記念コンサートを行う。2015年デビュー50周年を記念し白寿ホールにて記念コンサートを行う。日本歌曲に関しても評価が高い[3]

教育活動に関しても、1998年チャイコフスキー国際コンクールで日本人として初めて優勝した佐藤美枝子を育てるなど、次世代の育成に注力している[2]。他にも門下生は数多く、堀内康雄[14]木下美穂子[15]、針生美智子[15][16]小貫岩夫[15][17]、佐橋美起[18]、市原三枝子[19]、米沢傑[20]、小森美枝[21]、斉藤紀子[21]、鈴木彩[21]、角野圭奈子[21]、長谷川留美子[21]、宮本彩音[21]、三村卓也[21]、谷原めぐみ[22]、久留宮まみ[23]、曲尾理紗[24]、本松三和[25]、加藤恵[26]、秦千懿(旧名:秦琴)[27]、新藤昌子[28]、荊木成子[29]、吉川真澄[30]、平野則子[31]、新海智貴[32]、渡邉美智子[33]、国分晴香[34]、加治屋園子[35]、星由佳子[36]、八木まゆみ[37]、松本秋音[38]、小野弘晴[39]、横関祐子[40]、大須賀園枝[41]、久保田束穂[42]、石原久章[43]、富田泰子[44]、松村英行[45]、斎藤紀子、高橋知子、松室華子、三村卓也、小林由樹、木原理菜、中村早希、鳴瀬あゆこ、荷田直美、大熊ちえ美、木原理菜、下平マリ子、進美沙子、水頭順子、角田整保、瀬戸口浩、瀬戸口美希代、露木奈々子、豊島雄一、中島晃紀、松本宏美、皆川如、石崎秀和、乾ひろこ、佐藤優衣、鈴木健司、安永紀子、蒲地隆明、河野通典、松永芙紗子、代宮司美生、平井史、家城由美、三ツ矢淳子、横山聡子、吉田るみ子、劉佳陽[46]、などがいる。

武蔵野音楽大学特任教授[2]二期会会員[47]

受賞・受章歴[編集]

ディスコグラフィー(一部)[編集]

  • 修道女アンジェリカ』全曲盤(1973、RCAレコードブルーノ・バルトレッティ指揮サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団演奏、カーティア・リッチャレッリフィオレンツァ・コッソット出演
  • CD イタリア古典歌曲集 1986
  • CD この道 浜辺の歌 松本美和子 日本の名歌を歌う 1987
  • CD トスティ: 歌曲集 1988
  • CD 歌の翼にサンタ・ルチア 松本美和子/世界の名歌を歌う 1989
  • CD オペラ・アリア集 1990
  • CD イタリア古典歌曲の夕べ 1991
  • CD 男が聴く、入門のためのロマン派(オムニバス) 1991
  • CD 街かどで クラシック2/ウィーンの街角で 1991
  • CD 魅惑/太陽と愛 近代イタリア歌曲集 1992
  • CD ロッシーニ歌曲集 1992
  • CD SBMスペシャル・エディション(クラシック・エディション)(オムニバス) 1992
  • CD 決定版/世界の子守歌 1993
  • CD トスティ:歌曲集2 1994
  • CD2枚組 山田耕筰没後50年特別企画「山田耕筰 歌曲集」(オムニバス) 1994
  • CD2枚組 日本の唱歌・抒情歌(オムニバス) 1994
  • CD 別れの曲/思い出のクラシック 1994
  • CD トスティ: 歌曲集3 1995
  • CD 水色のワルツ/城ヶ島の雨-日本 1995
  • CD この道/浜辺の歌-日本の名歌を 1995
  • CD2枚組 中田喜直歌曲集 松本美和子 原田茂生 1995
  • CD 世界の子守歌 松本美和子 本宮寛子 中村邦子 1995
  • CD トスティ: 歌曲集4 1996
  • CD イタリア古典歌曲集 1996
  • CD 秘められた ウィーン歌曲 1996
  • CD4枚組 トスティ歌曲集大成 1996
  • CD イタリア歌曲集(オムニバス) 1997
  • CD かわいい唇-私を思い出してほしい 1998
  • CD2枚組 TWIN BEST お茶の間クラシック(オムニバス) 1998
  • CD 遙か遠い日々/レスピーギ歌曲集 1999
  • CD 追憶/ゆかしい月よ 2000
  • CD2枚組 ドナウディ歌曲集 松本美和子 鈴木寛一 2000
  • CD 歌の翼に/サンタ・ルチア 2000
  • CD 夢路より/光さす窓辺 2000
  • CD イタリア古典歌曲集 2001
  • CD3枚組 Mercadante: Il Bravo 2001
  • CD 近代イタリア歌曲集2 2002
  • CD トスティ: 歌曲集5 2002
  • CD 遙かなるサンタ・ルチア 愛のカンツォーネ/松本美和子 2003
  • CD Music as a Spice1(オムニバス) 2004
  • CD [NEW BEST ONE]浜辺の歌◎日本のうた 名曲選(オムニバス) 2004
  • CD 世界の子守歌(オムニバス) 2005
  • CD2枚組 赤とんぼ 山田耕作作品集 2005
  • CD2枚組 <COLEZO!TWIN>中田喜直作品集 2005
  • CD 松本美和子紫綬褒章授賞記念特別企画 トスティ:歌曲集大成 2006
  • CD4枚組 ベスト・オブ・ベスト/日本の名歌(オムニバス) 2006
  • CD 日野原重明音楽プロデュース「さわやかに生きる」音楽シリーズ はつらつ編 松本美和子 吉田浩之 2007
  • CD イタリア歌曲集2 松本美和子 小山由美 佐野成宏 谷池重紬子 2007
  • CD4枚組 ベスト・オブ・ベスト イタリア歌曲集 2008
  • CD ベスト・オブ・ベスト 子守歌(オムニバス) 2013
  • CD2枚組 トスティ: 歌曲集 2014
  • CD2枚組 トスティ: 歌曲集2 2014
  • CD ひとすじに 2020

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ デビューについて、2020年CD「ひとすじに」ライナーノーツにおいては、三善清達は「1973年ヴェネツィアフェニーチェ劇場ムソルグスキーボリス・ゴドゥノフ』で娘クセーニャを歌ってデビュー」としており、同ライナーノーツのプロフィール欄では1971年に同曲でデビューとなっている。本人の公式ホームページ及びジャパン・アーツでは1972年『カルメン』となっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 松本 美和子(ソプラノ) | プロフィール | ビクターエンタテインメント” (日本語). ビクターエンタテインメント | Victor Entertainment. 2021年6月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 松本 美和子”. 武蔵野音楽大学. 2021年6月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e 2020年CD「ひとすじに」ライナーノーツp.2「明るい魅惑に満ちた歌声」三善清達
  4. ^ a b 2020年CD「ひとすじに」ライナーノーツp.7 座談会「ただ、ひとすじに」
  5. ^ a b c 2020年CD「ひとすじに」ライナーノーツp.24 プロフィール
  6. ^ 2020年CD「ひとすじに」ライナーノーツp.11 座談会「ただ、ひとすじに」
  7. ^ 2020年CD「ひとすじに」ライナーノーツp.12 座談会「ただ、ひとすじに」
  8. ^ ジャコモ・プッチーニ, ルイージ・イッリカ. “《蝶々夫人》” (Italian). opera.tosei-showa-music.ac.jp. 2021年6月13日閲覧。
  9. ^ ヨハン・シュトラウスII世, アンリ・メイヤック. “《こうもり》” (Japanese). opera.tosei-showa-music.ac.jp. 2021年6月13日閲覧。
  10. ^ アンドレ・プレヴィン, テネシー・ウィリアムス. “《欲望という名の電車》” (English). opera.tosei-showa-music.ac.jp. 2021年6月13日閲覧。
  11. ^ アンドレ・プレヴィン, テネシー・ウィリアムス. “《欲望という名の電車》” (English). opera.tosei-showa-music.ac.jp. 2021年6月13日閲覧。
  12. ^ 三木稔, 谷崎潤一郎. “《春琴抄》” (Japanese). opera.tosei-showa-music.ac.jp. 2021年6月13日閲覧。
  13. ^ オペラ 真昼の夜想曲 ~何故・だから~ - コンサートスクウェア(クラシック音楽情報)” (日本語). www.concertsquare.jp. 2021年6月13日閲覧。
  14. ^ 堀内 康雄”. 武蔵野音楽大学. 2021年6月12日閲覧。
  15. ^ a b c 松本美和子”. tc5810.fc2web.com. 2021年6月12日閲覧。
  16. ^ 日本財団図書館(電子図書館) 藤沢市オペラ「リエンツィ・最後の護民官」全5幕”. nippon.zaidan.info. 2021年6月12日閲覧。
  17. ^ 小貫岩夫 | マネージメント事業 | 株式会社ピュアハーツ”. www.purehearts.co.jp. 2021年6月13日閲覧。
  18. ^ 佐橋 美起”. 武蔵野音楽大学. 2021年6月12日閲覧。
  19. ^ <わたしの転機>プロと同じ舞台で歌声 亡き夫に背中押され74歳で音大に合格:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2021年6月12日閲覧。
  20. ^ harvest concerts - 佐藤康子・米澤傑”. harvestconcerts.jp. 2021年6月12日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g 東京オペラ・プロデュース・メンバー プロフィール”. operaproduce.web.fc2.com. 2021年6月12日閲覧。
  22. ^ 親子で触れる日本の名曲たち”. 台東区芸術文化財団. 2021年6月12日閲覧。
  23. ^ R.シュトラウス~生誕150周年に寄せて~”. 二期会21. 2021年6月12日閲覧。
  24. ^ 曲尾理紗&江川靖志” (日本語). 福岡クリスマスマーケット. 2021年6月12日閲覧。
  25. ^ 本松 三和 | 東京文化会館”. www.t-bunka.jp. 2021年6月12日閲覧。
  26. ^ 加藤 恵|富山県音楽協会” (日本語). 富山県音楽協会. 2021年6月12日閲覧。
  27. ^ ソプラノ 秦千懿(旧名:秦琴)さんのプロフィールページ” (日本語). profile.ameba.jp. 2021年6月12日閲覧。
  28. ^ せんがわ劇場 サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~Volume45” (日本語). ちょうふどっとこむ. 2021年6月12日閲覧。
  29. ^ パリオペラ座天井画によせて-夜のコンサート”. 北海道立近代美術館. 2021年6月12日閲覧。
  30. ^ 吉川 真澄 / Yoshikawa, Masumi - ピティナ・ピアノ曲事典” (日本語). piano.or.jp. 2021年6月12日閲覧。
  31. ^ 平野則子プロフィール”. www7b.biglobe.ne.jp. 2021年6月12日閲覧。
  32. ^ 音楽研究所ラ・ムジカ 椎名町・佐倉・駒ヶ根・取手教室”. la-musica.net. 2021年6月12日閲覧。
  33. ^ 泉佐野商工会議所女性会 創立20周年記念コンサート”. 泉佐野商工会議所. 2021年6月12日閲覧。
  34. ^ 国分 晴香(ソプラノ)|及川音楽事務所”. oikawa-classic.com. 2021年6月12日閲覧。
  35. ^ アーティストバンク ::: 公益財団法人鹿児島県文化振興財団”. www.houzanhall.com. 2021年6月12日閲覧。
  36. ^ 第10回演奏会ソリスト紹介 | オーケストラ・フィルジッヒ”. pfirsich.jp. 2021年6月12日閲覧。
  37. ^ 八木 まゆみ | かごしまアートネットワーク メンバーファィル” (日本語). かごしまアートネットワーク メンバーファィル. 2021年6月12日閲覧。
  38. ^ 第23回友愛ドイツ歌曲(リート)コンクール”. 日本友愛協会. 2021年6月13日閲覧。
  39. ^ 所属アーティスト|オペラサロントナカイ|オペラとディナーのマリアージュ”. www.opera.co.jp. 2021年6月13日閲覧。
  40. ^ 横関 祐子 (メゾ・ソプラノ)|及川音楽事務所”. oikawa-classic.com. 2021年6月13日閲覧。
  41. ^ H・アール・カオス ダンス公演 『カルミナ・ブラーナ』”. 2021年6月13日閲覧。
  42. ^ 白河・須賀川ポータルサイト ぐるっと[まざーる]”. 白河・須賀川ポータルサイト ぐるっと[まざーる]. 2021年6月13日閲覧。
  43. ^ FCN 出演者情報 石原久章”. www.fuji2010.net. 2021年6月13日閲覧。
  44. ^ ALM RECORDS/Yasuko Tomita【Raggio】” (日本語). ALM RECORDS. 2021年6月13日閲覧。
  45. ^ Bell'Armonia 松本美和子門下生の会 - コンサートスクウェア(クラシック音楽情報)” (日本語). www.concertsquare.jp. 2021年6月12日閲覧。
  46. ^ コンサート情報:Bell'Armonia:松本美和子オフィシャルページ”. miwakomatsumoto.com. 2021年6月12日閲覧。
  47. ^ 二期会のアーティスト - 東京二期会”. www.nikikai.net. 2021年6月12日閲覧。

外部リンク[編集]