八木重吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
八木重吉
(やぎ じゅうきち)
Yagi Jukichi.jpg
誕生 東京府南多摩郡堺村(現在の東京都町田市相原町)
1898年2月9日
日本の旗 日本
死没 (1927-10-26) 1927年10月26日(満41歳没)
日本の旗 日本 神奈川県茅ヶ崎市
墓地 日本の旗 日本
職業 詩人英語教員
国籍 日本の旗 日本
教育 神奈川師範学校
最終学歴 東京高等師範学校
ジャンル 短歌
主題 信仰家族
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

八木 重吉(やぎ じゅうきち、1898年2月9日 - 1927年10月26日)は、日本詩人英語科教師。戦後にクリスチャン詩人としての評価が高まった。

生涯[編集]

東京府南多摩郡堺村(現在の東京都町田市相原町)に生まれる。神奈川県師範学校予科(現・横浜国立大学)を経て、東京高等師範学校英語科を1921年(大正10年)に卒業。兵庫県御影師範学校(現・神戸大学)、次いで1925年(大正15年)から千葉県の東葛飾中学校(現・千葉県立東葛飾高等学校)で英語教員を務めた。

八木に洗礼を授けた富永徳磨牧師

神奈川県師範学校在学時より教会に通いだすようになり、1919年(大正8年)には駒込基督会において富永徳磨牧師から洗礼を受けた。1921年(大正10年)に将来の妻となる島田とみと出会う。

この頃より短歌や詩を書き始め、翌年に結婚した後は詩作に精力的に打ち込んだ。1923年(大正12年)のはじめから6月までにかけて、自家製の詩集を十数冊編むほどの多作ぶりであり、1925年(大正14年)には、刊行詩集としては初となる『秋の瞳』を刊行した。

同年、佐藤惣之助が主催する「詩之家」の同人となる。この頃から雑誌や新聞に詩を発表するようになったが、翌年には体調を崩し結核と診断される。

茅ヶ崎南湖院で療養生活に入り、病臥のなかで第2詩集『貧しき信徒』を制作したものの、出版物を見ることなく、翌年、29歳で死去した。5年ほどの短い詩作生活の間に書かれた詩篇は、2000を超える。

重吉と妻のとみの間には桃子・陽二という二人の子女がいた。その二人も重吉と同じく結核で1937年(昭和12年)に桃子が、1940年(昭和15年)には陽二が相次いで夭逝する。

残された妻のとみ(登美子)は、後に歌人の吉野秀雄と再婚し、1999年(平成11年)に死去した。

戦後の評価[編集]

キリスト教関係の詩を少なからず残したことから、戦後にはクリスチャン詩人としての評価が高まる(1950年には新教出版社から、重吉の著作として『神を呼ぼう』が出版された。ただし、重吉本人が編纂した2冊の詩集においては、宗教に関する詩はそれほど採られていない)。

1982年には筑摩書房から『八木重吉全集(全3巻)』(2000年に増補改訂版全4巻)が、1988年には同社のちくま文庫から『八木重吉全詩集(全2巻)』が出版され、重吉の全貌をたどることが容易になった。

また、1984年には、故郷の町田市相原町に八木重吉記念館が開設されている。

作品の特徴[編集]

短い詩が多いのが特徴であり、103篇をおさめた『貧しき信徒』には、10行を超えるものはたった2つしか見られない。中には「木に眼が生つて人を見てゐる」(冬)、「神様 あなたに会ひたくなつた」(無題)のような一行詩もある。

この詩集には、長女・桃子が何回も登場するように、幸福な家庭生活を描いたものも散見される。同じキリスト教徒であった妻が驚くほどに熱心な信徒であった重吉は、「私の詩(私の詩をよんでくださる方へささぐ)」という未発表詩のなかで、自分の詩は「必ずひとつひとつ十字架を背負ふてゐる」と主張する。

時として詩作さえも罪悪だと考えるほどであった(『八木重吉全詩集 第一巻』筑摩書房、p.356)と告白するものの、「詩をつくることをすててしまふなら/あまりにすきだらけのうつろすぎるわたしのせかいだもの」という理由で、「歯をくひしばっ〔ママ〕て泣くまいとしてうたをうたふ」のだと書いている。

外部リンク[編集]