谷口伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

谷口 伸(たにぐち しん、1969年 - )は、鳥取県鳥取市出身の声楽家鳥取県立鳥取東高等学校慶應義塾大学卒。

大学在学中に慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団のバリトン・パートリーダーを務め、『タンホイザー』のヴォルフラム、『ポーギーとベス』のポーギーなど主要なソリストとしても活躍。毎日学生音楽コンクール東京大会で第2位。松尾葉子指揮オペラ『十五夜物語』で主役を務め、慶應義塾塾長賞を獲得した。

数年のサラリーマン生活の後、声楽家としての道を歩み始め、シューベルト国際歌曲コンクール第2位、NHK新人洋楽オーディション合格、イタリア声楽コンコルソ金賞、日本声楽コンクール第3位、日本音楽コンクール声楽部門入選2回、渡欧後の2000年、ドイツ・ツヴィッカウにおいて国際シューマン歌曲コンクール第3位など、主要なコンクールで数々の賞を受賞。 2002年、ウィーン国立音楽大学リート・オラトリオ科を最優秀で卒業。また、愛知・長久手オペラ声楽コンクールにて第2位を受賞。2003年、ウィーン・コンツェルトハウスにて、ハイドンのオペラ「報われた真心」等を演奏、新聞紙上にて高い評価を得る。2004年、北イタリア、メランにおいて"デビュー・イン・メラン"国際声楽コンクール総合優勝。

2005年シーズンより、ドイツ・ゲルリッツ市立劇場と専属契約を結び、ドイツを中心にヨーロッパで演奏活動を展開中。2006年には同劇場にて『リゴレット』のタイトルロール、また『サロメ』のヨカナン役等を演じる。

2010/2011年のシーズンより、ロベルト・シューマンの生地ツヴィッカウの劇場と専属契約を結び、活躍の場を移す。モーツァルトドン・ジョヴァンニ」のタイトルロール、ヴェルディ仮面舞踏会」のレナート等を演じる。