野々村一男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野々村 一男(ののむら かずお、1906年11月15日 - 2008年2月11日)は、日本の彫刻家愛知県立芸術大学名誉教授。日本芸術院会員。

経歴[編集]

愛知県名古屋市に生まれる。東京美術学校卒業。同校在学中の1929年、第10回帝展に「座女」にて初入選。1955年中日文化賞受賞[1]1981年、「物との、はざま」にて日本芸術院賞受賞[2]。1988年、日本芸術院会員。1989年、勲三等瑞宝章受章[3]。2008年2月11日午前11時33分、老衰のため名古屋市の自宅にて死去[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 中日文化賞:第1回-第10回受賞者”. 中日新聞. 2009年10月31日閲覧。
  2. ^ 『朝日新聞』1981年3月4日(東京本社発行)朝刊、22頁。
  3. ^ 「秋の叙勲 受章者4492人 隠れた功労積み重ねた人にも光」『読売新聞』1989年11月3日朝刊
  4. ^ “野々村一男氏死去/彫刻家”. 四国新聞社. (2008年2月14日). http://www.shikoku-np.co.jp/national/okuyami/article.aspx?id=20080214000425&ref=rss 2020年2月12日閲覧。 

参考文献[編集]