中村蘭台 (2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

二代 中村 蘭台(にだい[1] なかむら らんたい、1892年明治25年)10月11日 - 1969年昭和44年)7月4日[2])は、近代日本の篆刻家東京都出身。

初代中村蘭台の次男。名は秋作。ははじめ蘭石(らんせき)、のち初代の名を名跡として襲名し蘭台とした。初代の拓いた木印の技術を習得し優れた作品を遺した。1961年(昭和36年)に篆刻家としては初めて日本芸術院賞を受賞した[3]

著書[編集]

  • 『中村蘭台作品集』 1966年

出典[編集]

  1. ^ 「中村蘭台(2代)」- デジタル版日本人名大辞典+Plus(2017年11月16日閲覧)
  2. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』801頁。
  3. ^ 『朝日新聞』1961年4月15日(東京本社発行)朝刊、1頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]