森野泰明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森野 泰明(もりの たいめい、1934年2月8日 - )は、日本の陶芸家日本藝術院会員。 京都府出身。京焼き森野嘉光の子。本名読みひろあき。京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)卒。1957年日展初入選。69年日展会員。83年日本新工芸展で文部大臣賞受賞。96年京都府文化賞功労賞受賞。2007年扁壺「大地」で日本芸術院賞受賞。2010年芸術院会員。日展理事、日工会常務理事。

著書[編集]

  • 『陶 The best selections of contemporary ceramics in Japan vol.65.森野泰明 1958-1992』京都書院 1993

関連書籍[編集]

参考[編集]

  • デジタル版日本人名大事典:[1]