森野泰明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
旭日中綬章
森野 泰明
文化功労者顕彰に際して公表された肖像写真
文化功労者顕彰に際して
公表された肖像写真
原語名森野 泰明
生誕森野 泰明(もりの ひろあき)
(1934-02-08) 1934年2月8日(88歳)
日本の旗 京都府
国籍日本の旗 日本
出身校京都市立美術大学
美術学部卒業
著名な実績陶芸
代表作『青釉花器』
『花器《藍》』
『扁壺《大地》』
『赫銹弧状文扁壺』
運動・動向工芸美術創工会
森野嘉光(
受賞日本芸術院賞(2007年)
日本陶磁協会賞金賞(2010年)
京都府文化賞特別功労賞(2015年)
選出 日本芸術院
民族 大和民族
影響を受けた
芸術家
富本憲吉

森野 泰明(もりの たいめい、1934年2月8日 - )は、日本陶芸家勲等旭日中綬章公益社団法人日展顧問、京都工芸美術作家協会顧問、日本芸術院会員文化功労者本名森野 泰明(もりの ひろあき)。

社団法人日展理事などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

京都府出身。京焼き森野嘉光の子。京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)卒。

陶芸家として[編集]

1957年日展初入選。1960年日展特選・北斗賞受賞。1962年よりシカゴ大学で陶芸を講じる。1968年日本現代工芸美術展会員賞外務大臣賞受賞。1969年日展会員。1983年日本新工芸展で文部大臣賞受賞。1996年京都府文化賞功労賞受賞。1999年京都市文化功労者。2007年扁壺「大地」で日本芸術院賞受賞。2010年日本芸術院会員、日本陶磁協会賞金賞受賞。2015年京都府文化賞特別功労賞受賞。2019年旭日中綬章受章[1]。2021年文化功労者

著書[編集]

  • 『陶 The best selections of contemporary ceramics in Japan vol.65.森野泰明 1958-1992』京都書院、1993

関連書籍[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『官報』号外第151号、2019年11月3日

参考[編集]

  • デジタル版日本人名大事典:[1]