大内青圃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大内 青圃(おおうち せいほ、1898年12月12日 - 1981年2月21日)は、仏師彫刻家日本芸術院会員。仏教学者大内青巒の子として東京に生まれる。本名・正。兄は洋画家の大内青坡

1922年東京美術学校彫刻家卒、高村光雲に師事する。1927年日本美術院同人、1936年より帝展文展に出品し、戦後は日展に出品、1958年日本美術院評議員、1960年院展で文部大臣賞受賞。1963年日本芸術院賞受賞、1969年日本芸術院会員、1971年勲三等瑞宝章受章。