東敦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東 敦子
生誕 1936年12月11日
出身地 日本の旗 日本 大阪府
死没 (1999-12-25) 1999年12月25日(63歳没)
学歴 東京藝術大学
ジャンル クラシック
職業 ソプラノ歌手
担当楽器 声楽

東 敦子(あずま あつこ、1936年12月11日 - 1999年12月25日)は、日本ソプラノ歌手

人物[編集]

大阪府出身[1]東京藝術大学卒業[1]四家文子に師事。本名は二田原敦子[1]。1961年イタリアに留学してエットレ・カンポガリアーニに師事[1]。1962年ビオッティ国際コンクール2位[1]。1978年ボリショイ歌劇場で「蝶々夫人」のタイトルロール[1]。1979年毎日芸術賞、1984年ジロー・オペラ賞大賞、1985年モービル音楽賞受賞。1992年日本芸術院賞受賞[1]。弟子に佐野成宏斉田正子がおり、甥に落語家の林家染雀がいる。没後、グローバル東敦子賞が創設された。

著書[編集]

  • 『ベルカント・ヴォカリッツィ やさしい発声トレーニング』島茂雄ほか編 学習研究社 1991
  • 『ふり向けば恵みの軌跡 東敦子自伝』女子パウロ会 1999
  • 『ある晴れた日に オペラとともに生きて』平凡社 2000

ディスコグラフィ[編集]

  • 『東敦子 G. プッチーニ / オペラハイライト』大阪CMアカデミア管弦楽団 フォンテック (FOCD 3124)1991/03/25
  • 『東敦子 マランゴーナの舟歌: プッチーニ、サデーロ歌曲集 (ATSUKO AZUMA - BARCAROLA DE LA MARANGONA) 』ピアノ伴奏:谷池重紬子 (ETSUKO TANIIKE)  フォンテック (FOCD 3185) 1993/12/10
  • 『小倉百人一首をうたう「伊能美智子・歌曲集」「伊能美智子・歌曲集2」より』柳下正明共演 音楽之友社 1994
  • 『なつかしき愛の歌-もう一つの日本歌曲~堀内敬三の名訳詞による欧米名歌集/東敦子』メディアリング 1995
  • 『歌曲集小倉百人一首,モノ・オペラマクベス MIK 30周年記念 伊能美智子作品集』佐藤征一郎共演 S-TWO Corporation 2004
  • 『栄光のプリマ・ドンナ~東敦子オペラ・アリア集』ミラノ・フィルハーモニー管弦楽団 コロムビアミュージックエンタテインメント 2008

参考文献[編集]

  • 自伝

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 東敦子 とは”. コトバンク. 朝日新聞社. 2014年6月4日閲覧。