常磐津英寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ときわづ えいじゅ
常磐津英寿
本名 鈴木英二
別名義 四世常磐津文字兵衛
生年月日 (1927-01-15) 1927年1月15日(91歳)
出生地 日本の旗 東京都中央区
職業 江戸常磐津節三味線
活動期間 1932年 -
活動内容 江戸常磐津節三味線
著名な家族 父:三代目常磐津文字兵衛(後の常磐津文字翁)
大叔母:初代常磐津兼豊
叔父:四代目常磐津八百八
長男:五代目常磐津文字兵衛
次男:七代目常磐津兼太夫
長女:二代目常磐津兼豊
公式サイト http://www.tokiwazu.jp/keikoba/eiju.html
主な作品
牡丹がさね
我輩は猫である』ほか
受賞
1978・1979・1981・1983年
芸術祭賞優秀賞
1983年 芸能功労者表彰、
1984年 モービル音楽賞
1989年 紫綬褒章
1992年 人間国宝
1993年 日本芸術院賞恩賜賞
1994年 日本芸術院会員
1997年 勲三等瑞宝章
備考
日本ビクター専属作曲家・演奏家
常磐津節保存会名誉顧問
常磐津協会顧問

常磐津 英寿(ときわづ えいじゅ、1927年(昭和2年)1月15日 - )は、常磐津節三味線方の奏者・名跡東京都中央区銀座出身。前名は四代目常磐津文字兵衛。本名は鈴木 英二(すずき えいじ)。

父は三代目常磐津文字兵衛(後の常磐津文字翁)、大叔母は初代常磐津兼豊、叔父は四代目常磐津八百八、長男は四代目常磐津文字兵衛、次男は七代目常磐津兼太夫、長女は二代目常磐津兼豊。

年譜[編集]

  • 1932年 - 叔父の四代目常磐津八百八に師事に習う。
  • 1936年 - 父の三代目常磐津文字兵衛、母の初代常磐津兼豊に習う。
  • 1941年 - 常磐津英八郎の名で初舞台。
  • 1960年 - 四代目常磐津文字兵衛を襲名。
  • 1960年 - 日本ビクター専属の作曲家・演奏家となる。
  • 1996年 - 常磐津英寿を名乗る。
  • 現在は、常磐津節保存会名誉顧問、常磐津協会顧問、ビクター専属。

主な作曲[編集]

ほか

受賞等[編集]

受賞
顕彰・表彰
栄典

出典・参考文献・外部リンク[編集]