舟木重信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

舟木 重信(ふなき しげのぶ、1893年7月27日 - 1975年4月29日)は、小説家、ドイツ文学者。

経歴[編集]

広島県江田島に、海軍少将舟木錬太郎の次男として生まれる。小説家舟木重雄(1884-1951)の弟。妹の舟木芳江は、作家の島田清次郎に思いを寄せられ、凌辱・監禁の罪で島田を破滅させるに至る。東京帝国大学卒、早稲田大学教授を務めた。1919年短編集『楽園の外』を刊行、同年学芸自由同盟を結成し書記長となる。その後ハイネゲーテの研究に専念した。1966年『詩人ハイネ・生活と作品』で日本芸術院賞受賞[1]

著書[編集]

  • 『楽園の外』新潮社 1919
  • 『人生読本叢書 ゲーテ人生読本』六芸社 1936
  • 『ゲーテ・ハイネ・現代文芸』清和書店 1936
  • 『ゲーテとその世界』創芸社 1944
  • 『ゲーテ・生活と作品』創芸社 1948
  • 『ドイツ文芸展望 天馬に跨がるハイネ』大雅堂 1948
  • 『詩人ハイネ 生活と作品』筑摩書房 1965
  • 『ハイネわれらの詩人』新日本出版社 1973
  • 『人間この愛しきもの 書簡集』東洋出版 1987

共編[編集]

翻訳[編集]

  • ゲーテ『タウリスのイフヰゲーニエ』岩波書店 1923 のち文庫
  • ワルテル・バーゼンクレーフェル『アンテイゴーネ 表現主義代表戯曲』二松堂書店 1923
  • ストリンドベルク童話集』古今書院 1924
  • ストリンドベリイ『爛酔』聚英閣 1924
  • 『ゲーテ全集 第18巻 書簡』大村書店 1928
  • グリム童話集』アルス(日本児童文庫) 1928
  • ストリンドベルグ『ルッテル』春陽堂 1932
  • 『ゲーテ希望の書』人生叢書 金星堂 1936
  • エデュアルト・シュプランガー『日本文化の印象』早稲田大学 1937
  • ヘルマン・ヘッセ全集第6巻 湯治客』三笠書房 1940
  • ゲーテ『狐ライネケ物語』改造社 1942
  • ヴオルフガング・ラングホフ『強制収容所の十三ケ月 非政治的な記録』池宮秀意共訳 創芸社 1947
  • オットー・ルードヴィヒ『陽気な娘 ハイテレタイ』世界書房 1949
  • ハイネ『ハルツ紀行,北海,ル・グランの書』中村英雄共訳 解放社 1949
  • カミラ・セルダン『詩人ハイネの臨終の恋』創芸社 1950
  • テオドール・プリーヴィェ『スターリングラード』改造社 1950-51 のち角川文庫
  • ハイネ『アッタトロル』河出書房 1952
  • テオドール・プリーヴィエ『カイゼルは去ったが将軍たちは残った』白水社 1953

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1966年4月7日(東京本社発行)朝刊、14頁。

外部リンク[編集]