栗林義信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
栗林 義信
生誕 (1933-08-15) 1933年8月15日(85歳)
出身地 日本の旗 日本佐賀県
学歴 東京藝術大学卒業
ジャンル クラシック音楽
職業 声楽家バリトン
活動期間 1958 -

栗林 義信(くりばやし よしのぶ、1933年8月15日 - )は、クラシック音楽声楽家バリトン)。日本藝術院会員。公益社団法人日本演奏連盟常任理事[1]、特定非営利活動法人世界芸術文化振興協会副会長[2]。二期会会員。

来歴[編集]

佐賀県生まれ。佐賀県立佐賀西高等学校から、東京都立大泉高等学校へ転出し、東京芸術大学へ進学。

学生の頃の日本はドイツオペラが主流だったが、芸大在学中にイタリアオペラを連日聞いて感銘を受け、大学の恩師藤原義江に「君はイタリアオペラ向きだ」と言われたこともあり、イタリアオペラを志すようになる。[3]

1956年、大学在学中の23歳で初めて受けた第25回毎日音楽コンクール声楽部門で、第1位となる。1957年1月、日本初の声楽の派遣制度のコンクールである、海外派遣コンクール声楽の部で、8人中1位となる。同年東京藝術大学卒業、第4回文化放送音楽賞受賞。1958年、藤原歌劇団主催『トスカ』スカルピア男爵役でデビュー。1958年、北イタリアヴェルチェッリヴィオッティ国際音楽コンクール金賞を受賞。これは、海外派遣コンクール受賞により、外国のコンクールの参加義務が生じ、海外コンクールに出場したものである。海外のコンクールを受ける日本人がほとんどいない時期であったという。以降、毎年一人ずつ海外へ派遣されるようになる。[4]

1958年から1961年までイタリアに留学、日本人として初めてミラノスカラ座の研究生となる。1961年、都民劇場主催の「リゴレット」のタイトルロールを演じるために帰国。1962年、「イタリアの歌の歌唱」で大阪市民芸術賞を受賞。1963年、都民劇場で公演した『椿姫』が毎日芸術賞を受賞。

1969年、ソビエト連邦レニングラードウクライナキエフ等の主要都市に招かれ、『リゴレット』や『椿姫』を客演する。1970年、外務省文化使節大使として東南アジアで夕鶴の公演に参加。1972年、東京芸術祭参加作品「蒼き狼」ジンギスカン役の演技歌唱により、毎日芸術賞受賞。1975年、第7回サントリー音楽賞受賞。1979年、日中友好協会の招きで「夕鶴」の中国公演に参加。

副会長をつとめる世界芸術文化振興協会主催のオペラとしては、2002年、オペラ「『聖徳太子』~和を以て貴しとなす」の蘇我馬子役のほか[5]、2003年、オペラ『元禄のトラビアータ(椿姫)』音楽監督[6]2004年、オペラ『大正時代のボエーム』音楽監督[7]2005年、オペラ『雛祭りのフィガロの結婚』音楽監督等[8]、以降、毎年のオペラで音楽監督をつとめる。

2007年に日本芸術院賞恩賜賞を受賞し、2013年に日本藝術院会員へ選任される[9]

師匠は矢田部勁吉、柴田睦陸。ローマでは、パオレッティに師事。スカラ座では、N・ルッチ、E・ガンボガリアーニに師事。イタリア・オペラを得意とし、『リゴレット』のタイトルロールなどが多い。東京音楽大学教授を務め、2004年定年、名誉教授。元公益財団法人東京二期会理事長、元公益財団法人新国立劇場運営財団理事、元公益財団法人日伊協会理事、元公益財団法人日伊音楽協会常務理事。

人物[編集]

  • 趣味はゴルフで、自宅の庭に鳥かごのような練習ネットを設置している。埼玉県の日高カントリークラブをホームコースの一つと呼んでいる。[10]
  • 筑摩書房刊『世界音楽全集』第31巻には、美しく艶のある声であり、日本人にはまれな豊かな声量を持っているとされている。また、村田武雄により、技術力の高さと声の美しさに対する評価が記されている。[11]

受賞[編集]

雑誌[編集]

  • 財団法人高速道路調査会発行『高速道路と自動車』、「世界のハイウェイ6 イタリアの道路と自動車」[14]
  • 週刊文春「わたしの道具遍歴 金のクラブ 銀のクラブ」1〜3 1996年4月-5月 - 趣味のゴルフ道具についてのエッセイ

参考文献[編集]

  • 村田武雄「栗林義信さんの歌」、『世界音楽全集』、筑摩書房、1963年4月10日、 116-117頁。

脚注[編集]

  1. ^ 役員・事務局”. 公益財団法人日本演奏連盟. 2014年4月29日閲覧。
  2. ^ 副会長 栗林義信”. 世界芸術文化振興協会. 2014年4月29日閲覧。
  3. ^ 栗林義信「イタリア・オペラに憑かれて」、『文化庁月報』第164号、文化庁、1982年5月、 4-5頁。
  4. ^ 栗林義信「私のコンクール 思い出に残る「ヴィオッティ」」、『音楽芸術』第21巻第12号、音楽之友社1963年12月、 39頁。
  5. ^ “国づくりに情熱注ぐ姿 舞台いっぱいに演じる”. 毎日新聞. (2002年11月15日) 
  6. ^ “オペラ「椿姫」の江戸・吉原版公演”. 毎日新聞. (2003年8月29日) 
  7. ^ “オペラ「大正時代のボエーム」”. 毎日新聞. (2004年8月25日) 
  8. ^ “オペラ:「雛祭りのフィガロの結婚」上演”. 毎日新聞. (2005年8月24日) 
  9. ^ a b 日本芸術院会員に別役実さんら4人”. 朝日新聞. 2014年4月29日閲覧。
  10. ^ 栗林義信「金のグラブ 銀のクラブ」、『週刊文春』1996年4月11日、 116-117頁。
  11. ^ 村田武雄 1963, p. 116-117.
  12. ^ 入賞者一覧”. 毎日新聞. 2014年4月29日閲覧。
  13. ^ 過去の受賞者”. サントリー芸術財団. 2014年4月29日閲覧。
  14. ^ 栗林義信「イタリアの道路と自動車」、『高速道路と自動車』第23巻第2号、高速道路調査会、1980-2-、 43-45頁。